スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

今週のネパール政界

 2008-06-06
28日に共和制が宣言されてから昨日が二度目の議会だったのですが、
新政府について政党間に合意がとれず進展がありません。
主な四政党間にどの役割がどの政党がもらうのかなかなか合意ができておらず、
指名議員26人もまだ決まっていない。
特に、首相と大統領をどのように決めるかが大いにもめている。
政治の駆け引きはどこの国でもあるものだと思うのですが、
ここまで国民を無視して自党の利益だけを追求されると腹がたってくる。
教育・保健などの大規模な改革な必要な分野はもちろん
ガソリンや生活物資などの価格高騰という日常生活さえ
危機的になっている状況はどこまで無視され続けるのだろうか。
一刻も早く新政府を樹立してこれらの問題に取り組んでもらいたいところである。

一方、元国王は明日には現在のナラヤンヒティ王宮を離れると報道されているが、
新しく住む場所がないからすでに国有化されている別荘を要求するわ、
警備の要求するわ、わがままを言い放題!
そして、それを簡単に受け入れている現暫定政府。
呆れる状況だ。
場合によっては過去の事件で刑務所にぶち込む必要があるかもしれないのに・・・

ところで、元国王について友人が面白い記事を書いているので
是非ご参照下さい。
その題目も「裸な王様」w
スポンサーサイト

一つの時代が終わった

 2008-06-11
いよいよ本日ギャネンドラ元国王が王宮を去る。
すでにギャネ氏の記者会見(以下全文)が行われた模様で
今後ともネパールで居続けることを主張し、
自分に掛けられているすべての疑い(ビレンドラ前国王一家の殺害や海外口座など)は嘘だと弁明した。
事実かどうかはわからないが、警備などの要求などをみていると彼自身に非があるからではないかと思う。
これでネパールにおいて一つの時代が終わった気がする。


Full Text of Gyanendra Shah’s Speech at Narayanhiti

THT Online
Full Text of Gyanendra Shah’s Speech at Narayanhiti

Dear Nepalese brothers and sisters,

This country which came into being 240 years back as a garden of four castes and thirty-six sub castes as imagined and established by our ancestor His Majesty, the Great King Prithvi Narayan Shah, is going through a period of very serious and sensitive upheaval. It is well known that the Nepalese Monarchy which has always been activised for people’s prosperity and progress has always been working together and cooperating with the happiness and woes of Nepali people. Burning examples of that are unification, preservation of nationalism, democratisation and modernisation through the united effort of the king and national integrity as equivalent to the value of our lives. Our committed energised feelings towards these values and standards have remained constant from the past and are equally strong in the present and will remain so in the future.

I would like to inform everybody concerned that when seven years back because of an unnatural, unexpected and tragic incident while shouldering the responsibility of the Head of the State according to the national heritage and ages of old monarchical traditions, I had no other interests except considerations for the sovereignty, independence, national pride, territorial integrity, peace and the institutional development of democracy, and overall progress of all the citizens. In the then Hindu kingdom of Nepal, the birth place of Buddha the efforts started, with the best of intention trying to ensure the peace and prosperity in the country were not successful overtime, which I have already accepted earlier. The chain of events and ensuing results are obvious to everybody like an open book.

I would like to express, with God as my witness, certain things which I couldn’t express earlier because of my official responsibilities but which was troubling my inner heart all the time, through you dear journalist friends to my Nepalese brothers and sisters and the international community. May be we should call it destiny that when I was innocent child, I had neither any wish nor desire nor any possibility of having a distinct role except the compulsion to have to quietly accept the crown. Likewise, for the second time when an unimaginable and horrifying event took place on the night of Jestha 19th, 2058, I could not express through word my internal pain when I was compelled and tied up by the chains of tradition and duty without being even able to shed tears over the mortal remains of those respected and beloved family members and lighten the burden of pain at the gruesome destruction of my close relatives. Even at that time some people blamed and accused me and my family with great indiscretion and cruelty but we had no alternative but to tolerate that too, nor were there people who spoke on our behalf. Being prejudiced against me and my family members the efforts which were continuously started through different means by taking advantage of those circumstances and events, have been very painful to us and are still so. Other members of the Royal Family who were wounded but survived the incident in the Royal Palace are still alive. They are also witness to it. The bullet fragments which couldn’t be taken out for technical reasons are still in the body of my wife who was also wounded and survived. The detailed facts had also come out from the medical doctors involved in their treatment. The high level Royal Investigation Commission had already made public the detailed report about the incident. When all the Nepalese people and the Royal Family were overwhelmed with grief, at that time, to level accusations and blame in this way seems to be a strategy to damage the goodwill of the Nepalese people towards the institution of Monarchy and to spread ill will, which was also not compatible with human suffering.

Likewise, I have also heard false rumours about allegations that I have property abroad. All my property is in Nepal. I
have no movable or immovable property in foreign lands. The property which had been bequeathed to me from my ancestors, according to Nepalese laws is also not in my name and I have institutionalised it maintaining that property and have only conserved it. During the last seven years neither have I added any property nor have I taken any action by which the traditional property has been reduced. I have not also usurped the right to property of any member of the Royal Family. I believe that I would also have rights to maintain private property according to the prevalent laws of Nepal.

Respecting Constitutional Assembly elections and the decision taken by the constituent assembly meeting on Jestha 15th, I am cooperating in every way towards the successful implementation of that decision.

I have also not thought of leaving the country. I would like to live in my own Motherland and contribute in whatever way possible to greater good of the country and peace in this land. I believe that there will be support for this from all sectors.

I pledge to be completely dedicated to the independence and territorial integrity of the nation of Nepal which was formed and has remained independent and sovereign because of the blood, sweat and sacrifice of the great ancestors of us Nepalese, wherever and whatever circumstances I may be in. I love the independence of this nation. My feelings and sentiments are that of sanctity, indivisibility and original values of this independent nation should always be preserved. My heartfelt good wishes are for the overall welfare of the self-respecting common Nepalese people.

Today, on this date, I have handed over the Crown and Sceptre used by the Kings of Shah dynasty and which has remained as heirloom in this dynasty to the Government of Nepal for safekeeping and protection for ages to come.

Finally, on behalf of my family members and myself, I would like to express my sorrow, if anybody has been inadvertently hurt by actions of my own or of the members of my family while I was working as head of State for the welfare of Nepal and the Nepalese. I would like to express gratitude to all citizens, constitutional organs, judicial sector, security organisations, civil servants, teachers, professors, students, farmers, labourers, industrialists, businessmen, intellectual youths, religious organisations, journalists, civil society, personnel working in the Royal Palace service and all others from different walks of life and all the other associated Nepalese inside and outside Nepal who extended their cooperation to me. I would also like to thank the friendly neighbouring countries who have always wished well for Nepal, the international community and representative of diplomatic corps. I would also like to thank the members of the Committees for Security and management recently deputed by the government of Nepal. I would like to thank the government of Nepal for all the help and cooperation extended to me. I also hope that like now, I would keep on getting the same level of necessary cooperation from the Government of Nepal in the future too.

May Lord Pashupatinath bless us all.
Jaya Nepal

Date: June 11, 2008

http://www.thehimalayantimes.com/fullstory.asp?filename=6a1Wa3ra2o2am8&folder=aHaoamW&Name=Home&dtSiteDate=20080611

ヘッドラインでわかる今の状況

 2008-07-10
http://www.kantipuronline.com/index.php

*タライ23郡でストライク。

*高校教員組合により高等教育管理機関にカギかけられる。

*授業開始3ヶ月後でも教科書届かず。

*全国医師組合によりストライク。

*ダウラギリ郡で無期限交通スト。

*マホッタリ郡でバザー閉鎖(スト)

もちろん、昨日やっと政権議会が開催されたなどのポジティブなニュースもある。

しかし、見ての通り、ストライクが多い!
交通事故が起きても、誰かが殺されても
何かあるたびにストライクが実施される。
これらにより国家経済が大きな損害を被るのは
もちろん一般市民も不利益を被る。
確かに、交通量が減って空気がキレイだし、
学生にとっては休みがもらえてうれしいかも知れない。
しかし、何かあった場合に病院にいくのも大変だし
遠方まで出かけるにも不便、仕事もたまっていく一方。
そして、学生にとっても授業が進まずあとで試験で困るのが目にみえている。
(ちなみに、公立学校はストライクで学校が休みになった場合ほとんど補講を
実施しないが、私立は土日を使ってでも補講をするので人気と良い成績を得ている。)

このようなストライクは健全な国家では考えられないことだが、
健全な国家ではないからこそ起きる現象かも知れない。
法律を通してやると何年もかかる、もしくは解決さえできないことが
ストライクだと政府が交渉の場に就かざるを得ず、長くても一週間以内には解決する。
しかし、これが許されてしまうと国家が国家として成立しない。
つまり、今のネパールの現状はいかに政府が無能化をしてしまっているかを示している。
新政権が樹立してこのようなストライクに対してどのような策を展開するのか気になるところだ。

大統領と将来の首相?

 2008-07-22
大統領と将来の首相?
出所:Nepalnews.com
↑↑
当選された大統領(右)とマオイストのプラチャンダ党首(首相と噂されている)。
しかし、自分の候補が大統領選に敗北したことを受けマオイスト幹部は新政権に加わらないことも出張している。
http://www.kantipuronline.com/kolnews.php?&nid=154320

ポストの取り合い・足の引っ張り合いが続くネパール政界。
国民のことを考えているような政治とは遠く離れたとこに繰り広げられている政治のゲームは本当に醜い・・・
もはや、笑って見守るしかないですね。
いい加減な政治ネタばかりで申し訳ないのだが、
政治の安定がないと何もできないネパールであります。

訴えられた副大統領

 2008-07-25
おととい「ヒンディ語」で宣誓した副大統領(母語:マイティリ)なのだが、
その後学生組織を中心に抗議活動が続いている。
今日になって法的な抗議も行われた。
最高裁で訴えられたのである。
大統領・副大統領そしてまだ決まらぬ首相官邸を相手に
提訴されたこの訴訟は、弁護士のバル・K・ネウパネ氏によるものだ。
この訴訟は宣誓のやり直しを求めている。
一方で学生組織は公開謝罪を求めている。
http://www.nepalnews.com/archive/2008/jul/jul25/news06.php

さて、ことの発端「ヒンディ語」での宣誓についてだが、
マデシ政党は「ヒンディ語」を共通言語として主張している。
様々な言語の民族が住む地域のため共通言語として「ヒンディ語」とのことである。
ネパールなのになぜネパール語ではないのかとも思ってしまうのだが、
経済・文化的にインドとの接触が非常に多い地域であるからネパール語よりもインド語という論理だろうか。実際は、ヒンディ語を母語とするのは1%未満(情報:Nepalnews.com)らしい。

普段から衛星テレビや映画などでインド文化が浸透しているネパールなのだが、
シッキム併合らしいことへの危機・インドからの経済的抑圧があることから
インドへの抵抗がネパール国民に内在されているのはよく知られていることだ。
今まで何度も、インドの著名人(特に映画俳優・女優)による
「ネパールはインドの一部」らしき発言についての抗議活動が続いてきた。
そして、今回みたいな正式な場で「ヒンディ語」使うなんでインドの属国か!?と
無力なネパール国民の怒りに触れてしまったことからの抗議活動としてとれる。
しかし、いつも思うのだが、抗議活動をして
車を壊し、窓を割り、タイヤーを燃やし
損・健康を害するのはネパール国民自身である。
もうちょっと抗議活動の仕方を真剣に考えてもらいたいが、
「ストライク文化」ともいえるものが定着してしまっているのか・・・
一向に消える気配がありません。
ただ、今回のような法的な抗議がもっと浸透すれば
何とかなるのではないかと私は期待している。

未納家族

 2008-10-23
日本では一時期、議員が年金を未納していたことで
「未納兄弟」という言葉が流行った。
どうやらネパールでは「未納家族」という言葉が流行りそうだ。
未納者は元国王一家、
しかも未納になっているのは膨大な電気料金である。
ニュースによると未納となっているのは
7770万ルピーの電気料金(内1250万ルピーが延滞料)で
宮殿、別荘や家族の自宅など22軒の電気料金を含む。

ずっと以前から話題に上っていたことだが、
とうとう2週間以内に支払いがなかったら行政措置で
回線を切ることを通告したようだ。
さてどうする元国王!?
ぎゃね
画像:産経ニュース


1日10時間の停電

 2008-12-18
新憲法制定のための各委員会が設立されたものの、
委員長がなかなか決まっていないため
政局があまりう動いていないようだが、
国民の生活は苦しくなる一方である。

今日から1日10時間の停電が始まる模様。
週に6回10時間の停電で、残り一日は3時間の停電で計63時間の停電となる。
冬は需要が増す時期だが、
一方で雨が降らないので水力発電に頼るネパールでは電力供給が少なくなる。

しかも近年の地方での治安状況の悪化で人口の都市集中している。
また、都市では近代化の波にのまれて消費文化が根付いており、
冷蔵庫やパソコン(最近はローンを使って安易に買えるようになった)などの
電力消費品を所有する家庭も多くなってきている。

政府は新たな水力発電プロジェクトの着工や
火力発電所を設置する決定を下しているものの
直接利益を得るためには相当の年月が必要となる。

即座にこの電力不足に対象する方法があればいいのだが、
なかなかそれが見当たらない。

ダイエット虎

 2008-12-25
ネパールの動物園、肥満トラに週1日の「断食」課す
カトマンズ 24日 ロイター] ネパール当局は24日、同国唯一の動物園で飼育しているトラに対し、減量を目的に週1日だけ「断食」させる方針を明らかにした。

 首都カトマンズのJawalakhel動物園は3頭のトラを飼育しているが、うち1頭の体重は現在約220キロ。水牛の肉を常食とし、わずか8カ月の間に40キロも太ってしまった。

 同動物園では、海外の動物園とも相談した結果、3頭ともに減量メニューを実施することを決定。毎週土曜日は水以外、一切の餌を与えないという。
引用:http://www.excite.co.jp/News/odd/E1230184494095.html

このニュースを読んで次の変化が頭に浮かんだ。

Before
pkd-slim.jpg

After
pkd-fat.jpg

プラチャンダ首相が表舞台に出る前と首相になってからの写真だ。
首相になって二重あごができ、
おなかがぽっこり。
ダイエットが必要なのはマオ党のこの「虎」かもしれない。
ブルジョア的な彼の生活に党内から非難轟々のようだ。

日本の外国人研修制度とネパールメディア

 2009-01-18
日本の国際(技術)協力事業の一環として行われている外国人研修制度だが、日本のメディアではこの事業を悪用して行われている搾取や外国人の人権侵害を中心に報道することが多い。そのような問題があるのは事実だが、国際貢献になっているのも事実だ。

現在の駐日ネパール大使ヨンザン氏の働きで、この外国人研修制度を利用してネパール人が来日する手続きが進行中のようだ。ネパールの技術向上につながるのであれば大変喜ばしいことなのだが、ネパールの報道を見ている限り、どうも技術向上のための研修制度としてではなく、出稼ぎ労働者の安全な目的地・「豊富な海外送金」を獲得するための制度として報道している。この研修制度では研修生の期間中は一般賃金より低く支払われることや実習生期間を含めても3年間しか日本滞在できないことが理解されていないように思える。

ヨンザン大使とは2回程会ったことがあるのだが、良識ある方で常にネパール社会をいかに良くするかを考えている印象があった。だからこそ、彼には外国人研修制度は「出稼ぎ労働者を送るため」ではなく「技術者の養成」するための制度だということをきちんとネパール側に説明して頂きたい。

ミイラ捕りがミイラに

 2009-02-08
反政府運動をしていた時のマオイストがしていたような襲撃事件があった。
6日、50人から60人の近代武器を持った集団がネパール中西部ピュタン郡のシャウリバンの警察詰め所を襲い警官1人死亡、負傷者数名が出た。どうやら警察が持っている武器が狙いで、10丁の銃を奪っていったようだ。
昨日中に近隣の郡から警察部隊がシャウリバンに向かったという。どうやらマオイストを離党した不満分子がこのようなグループを結成したようだ。(MyRepublica)
ロルパ郡を中心に取材されている小倉女史がこの事件についてさらに詳しく書かれている。(Kathmandu Journal)

被抑圧民族の力をかりて成功したマオイストの反政府運動。マオイストが連立政権を率いるまでになった。しかし、一方で中央にいるリーダーたちの堕落ぶりには党員の多くが呆れていると聞く。中央のリーダーが何万円もするベッドで寝ている一方で、人民解放軍が国軍の統合の話も進展のないまま1年以上衛生状況が悪い臨時キャンプで過ごしている。このような状況で党への不満が増し、離党していく党員も多いようだ。また、彼らが蒔いた「民族に基づく自治州」が混乱を増しており、各民族で自治州戦線を組んでいることが多くなった。

このような状況で今回の事件はマオイストにとっては脅威に違いない。いずれ自ら行っていた襲撃方法が自分たちに使われるとは考えても無かっただろう。今後この事件がどのように解決されるのか非常に大事になってくる。もし、放置された場合、マオイスト運動のように拡大していくことは間違いない。

それにしてもやはり暴力は暴力しか生まない。

ストをしないと「損」な現ネパール

 2009-02-25
統一ネパール共産党の選挙が無事に終了。マオイストに協力的なジャラナート・カナールが党首に選ばれた。これで、しばらくはマオイスト主導の連立政権が続きそうだ。党首となったカナール氏は野党にいるコングレス党も連立政権に加わるよう働きかけていくという。元首相のコイララ首相やその近辺の話を読む限り、相当「マオイスト嫌い」で連立政権に加わるつもりはないようだ。カナール党首がどの手を使うのか気になるところだ。
それより、統一ネパール共産党の若手組織であるYouth Force(YF)をいかにして指揮下におくかが論点にすべきではなかろうか。昨日、YFの党員一人の遺体が見つかったことを抗議して中央ネパールタナフ郡のダマウリ・バザル付近を閉鎖した。マオイストの若手組織YCLの関与を疑っているが、YCLは関与を拒否している。

政党とはまったく関係ないストも結構あるようだ。先日ラジオを聞いていたら、「電気工事をしていた作業員が転落死亡したため、親族が補償を求めて近隣を封鎖(チャッカ・ジャム)中」って。事情は詳しくわからないが、親族にとって確かに死亡したことは悲しいことだろうけども、単なる事故かもしれないことを責任の所在も調べずに早速チャッカ・ジャムということに驚いた。どうやらこの手のものは「当たり前」になっているのが現ネパールのようだ。とりあえず、ストをしないと「被害者」が損するという観念が定着してしまっている。政情不安定な現状況の一時的なものかもしれないが、政府には真剣には考えてもらいたいものだ。
そういえば、先日ストを起こさせないための対策を練るという主な政党からなる委員会は最近何をしているのやら・・・・

(祝)最優秀冒険地ネパール

 2009-03-18
ネパール、それは「アジアのスイス」とも呼ばれることがある。北に連なるヒマラヤ山脈は「アジアのスイス」と呼ばれる理由とも言えよう。ネパールといえば、山だけを連想される方も多いが、多様な民族からなる多民族国家だけあって、多様な文化特に祭りを堪能することもできる。また南には仏教四大聖地の一つ釈迦の生誕地ルンビニもある。成長しつづけるインドと中国からの観光客もちょっとした宣伝で多く押し寄せることだろう。と、考えていけば多くの可能性があるし、国家を挙げて推進すれば観光立国ネパールの実現は十分に可能である。

前おきが少々長くなりましたが、世界的自然誌ナショナル ジオグラフィックが選ぶ、今年(2009年)の最優秀冒険旅行目的地にネパールがブラジルと並んで初のトップを獲得できたようだ。観光関係者は2011年のネパール観光年に向けてのいい宣伝効果になるのではないかとみている。Nepalnews

喜ばしいことだが、政情が安定しない限り果たして観光目的地としてネパールを選んでくれる観光客はいるのだろうか。一説によると過去3ヶ月で約1ヶ月はストライクのため幹線道路どこかが封鎖され、旅行者が苦労している。

現在の政情はネパールが移行期だからだという説を信じたいところだ。
このような移行期に最優秀冒険目的地として選ばれるのは、もしかしてストライク中のネパール各地はまさに冒険だからだろうか!?w

学生選挙

 2009-03-20
ネパールで大学教育を受けていないので、いまいち理解できない部分も多いネパールの学生(委員)選挙。ほとんどの学生組織が複数ある政党のうち、いずれかと強い関係を持っている。そのため、大学での政治介入が盛んなネパールの高等教育なのである。学生の中で基盤が強いのがネパール統一共産党系。

昨日約300のキャンパスで一斉に投票が行われ(治安の悪化で中止になったところもある)、今日それを開票中。やはりネパール統一共産党系が圧倒的にリード。ネパール・コングレス系がそれに続き、今年から正式に参戦したマオイスト系の学生組織が三番目の結果になっている。

単なる、学生選挙と思うかも知れないが、学生組織間の衝突ですでに一名が死亡、複数が負傷している。また、投票箱が強奪されたり、爆弾テロが起きたりと普通と議員選挙並みの事件に驚かされる。

大学政治から多くの政治家・議員が生まれているのでそれだけ学生選挙に勝って、自分の未来を切り拓く(!?)という欲が学生政治を推進するかも知れない。
まぁ、どこへ行ってもコネのネパール社会なので、学生のうちから政党と関係があれば就職に有利かもしれないが、大学で行われるべき学問が完全に被害を受けている大学への政治介入である。

WBCとネパール

 2009-03-24
日本、韓国を下して二年連続World Baseball Classic(WBC)を優勝!!
http://sports.yahoo.co.jp/news/20090324-00000190-sph-base.html
研究室で本を読みながら一球速報を見ていた。最後の方は、本を横に置き、パソコンに釘付け。決勝に相応しい接戦だったと思う。おめでとう、日本!!

ネパールにはもともと野球がない。野球よりもクリケットという野球によく似たスポーツの方が有名だ。そのため、私も野球についての知識も興味もまったくなかったが、阪神タイガーズが優勝した2003年を機に野球を見るようになった。大学仲間にすすめられたこともあったし、一緒に見たりしてルールも教えてもらった。未だ、完全には理解していないのだが、野球の楽しさを十分に知るぐらいになった。

最近は全然顔を出す機会も無くなってしまったが、大学の先輩方がやっているネパールに野球を広める会、「ラリグラスの会」にも参加している。今はまだ、カトマンドゥ大学とポカラを中心にこじんまりとやっている様子だが、いずれネパールもWBCに出れるレベルまで成長してくれることを願っている。

是非、会のページも覗いてやって下さい。
http://www.nepalbaseball.net/
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。