スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

プラチャンダ首相からの呼びかけ

 2009-01-25
本日プラチャンダ首相から国民への呼びかけがあると聞き、ここ日本にいる私だがオンライン・ラジオでその内容を聞いてみた。

30分にわたる内容だったが、幅広いことに関して言及している。まず、5か月の政権で「劇的な変化」をもたらせていないことに関して、初政権と連立政権であることを言い訳・・・
その後、成果として税収入のアップ、タライの武力組織との交渉などが挙げられた。
また、現在の安易にストを行う文化を早急にやめるべく国民へ呼びかけた。

その後、女性問題、不可触民問題、教育問題、汚職問題などと「本当にできるのか」というまで幅広く今後様々な政策を展開していくことを強調。
最後に、首相を含む閣僚の縁故主義的な行為を真剣に改善に取り組むという。
印象に残ったのは、故ケネディ大統領流の
「国家があなたに何がしたのではなくて、あなたが国家に何をできるのか。」
のような一句だった。

さて、何か変化はあるのだろうか。。。
国民がどのようにこの呼びかけをとらえるかにも関わっているし、
またこの呼びかけに約束された事柄が実施されるかどうかも重要となってくる。



スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。