スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

セミナー:分権化

 2008-07-08
昨晩大学で分権化についてのセミナーを受けました。
詳しいタイトルは「発展途上諸国の分権化政策の比較研究:日本への視座」。
講師は龍谷大学の斉藤文彦先生。
20080708101023

今回は衛星回線をつないで京都の龍谷大学と神戸大学とのセミナーで
セミナー自体が一種の分権化とも言える。w
(遠隔教育として注目されているがこのような衛星回線を使ったセミナーの拡大は
発展途上国においても多くの可能性を秘めていると思う。問題はコストですね・・・)

世界的に分権化(単純にいうと中央レベルの権限を地方レベルに移す)が行われているのだが、
発展途上国での経験が現在日本に進められている分権化にいかに役に立つかが焦点でした。
研究グループによると日本の分権化においては分権化後のビジョンが欠落しており、
いかに地方レベルからそれを構築していくのかが課題だ。
5年間のプロジェクト成果の発表だったので
一部の成功例・失敗例として前者がインド・ケララ州そして後者がウガンダを紹介されたのみでしたが、
質疑応答の時間では具体的に日本の地方公務員養成制度の再検討までされているみたいで大変興味深い内容でした。
分権化については「よい事」として何も疑わずに導入した時期(主に80年代後半から90年代前半)が終わっており今日ではこれを懐疑的に考察するさまざまな実証研究が行われていると先生がまとめていましたが、個人的に思うのはそのような実証研究の結果は現時点では発展途上国では参考にされていない。現在も、何の疑いもなく分権化を導入している多くの国(特に途上国)もいればそれを推進する国際機関も存在する。いかにある政策が悪影響が出す前に、それについて実践者に情報を提供をするのかは研究者の課題でもあると思う。

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。