スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

狭間外交

 2008-08-25
先日中国へと出発したプラチャンダ首相の中国訪問が日本の報道機関にまで注目されている。
いかんせん「反中国活動は許さない」と発言をしたらしい。
ネパールではこのような意味合いで強調されて報道されていないみたいだが、
これはネパールにおけるチベット解放運動を弾圧する意味なのか・・・
プラチャンダ首相が帰国してどのような政策を展開するか、
みてみないとわからない。

ネパールにおけるチベット難民は約5万人を超すとも言われている。
位置的にもチベット問題を考えるとネパールにいる大量のチベット難民は中国にとって脅威だ。
このような状態で、中国にとってはプラチャンダ首相の「一つの中国」政策への同意が心強かったのだろう。これの見返りに援助や投資の約束をとりつけたようだ。

一方でインドはプラチャンダ首相の中国訪問にかなり怒っているようだ。過去では首相就任後誰もが初訪問国としてインドを選んでいた。しかし、プラチャンダ首相はその伝統を破ったことになる。過去ではインドの言うがままになり過ぎたと批判されているネパールの政治家なので、プラチャンダ首相の中国訪問をある程度評価している報道機関もある。

両国を重点においた外交政策を実施すると公言はしているものの過去ではインド中心の外交だった。今回は共産党主導の政権ということで中国中心かというようなスタートだが、首相が帰国後弾圧政策を行ったら国際社会から孤立するのに違いない。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。