スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ブログの位置づけ

 2008-09-02
ブログを書き始めて4年ぐらいになる。
最初の方は仲間内にだけ公開したり、
無名で書いたりと限定的なものに留まっていた。
政治不信の私だったので最初は
個人的なことを中心にしたものが主だった。
しかし、年を重ねるごとに厭でも政治を無視できないことを感じるようになった。
ネパール政治の急激な変化で複雑化するネパールの状況もあるが、
最初は無名でネパール情勢を伝えるような新聞記事の邦訳を中心にしたブログを作った。
それが次第に自分の立場を明確にして書く必要性を感じるようになり、このブログの設立に当たる。
政治や複雑なネパールの状況を語るには無名では無責任すぎるとと思ったからだ。
これを支えて・励ましてくれたのは妻であり、私の周りにいる良き友達である。

私が立場として重視しているのは「政治の中心にあるべきは、国民の生活ではないか」という考えを持った中立的な視点であり、一ネパール人(外国にいる)という視点なのだ。
しかし、留意して頂きたいのはそれはあくまでも私個人の視点である。
それはどれぐらいネパール国民を代表しているかについては保障はできない。

今回のような誤報問題があったこともあり少し振り返っておきたいが、
私が情報源にしているのは複数のオンラインニュース、ネパール中心に発信されるネパール語・英語・日本語のブログである。できる限り、複数の情報源に裏づけを取り投稿記事にすることにしているが、今回のように誤報が流出している場合に書いてしまった記事はもちろん誤報となってしまう。私は現地にいる記者でもなければ、複数に流出している誤報をチェックする術ももっていない。これはあくまでも私個人のブログであり、ネパールの文化から政治、様々なことを一ネパール人留学生としてわかりやすく日本語で書くことを目的にしている。たまには私個人の生活を通してネパールのことを紹介もすれば、日本での経験なども書く。

他人に読んでもらうことによって他人もネパールの情報や文化を理解することができる、
私個人としても書くことによって情報整理から日本語の練習までできる場として私は
このブログを位置づけている。
スポンサーサイト

新内閣について

 2008-09-03
漸く始動した新内閣、
各閣僚は仕事を始めているようだ。
内務大臣のバムデブ・ガウタム氏は
6ヶ月以内に国内全土の治安を安定させると名言している。
ヤダブ外務大臣はインド外遊を終え帰国。
マハト供給大臣は原油の供給を増やすよう交渉中だとか。
などなど・・・
メディアで報道されている大臣もいれば
現時点で何をしているかわからない大臣もいる。
(紙媒体でどのように報道されているかわからない。)

しかし、気になることが2点。
1.過去に問題を起こしている閣僚がそのまま現内閣にいる。それは汚職家として知られている閣僚だったり、前コイララ内閣ですでに閣僚になり問題を起こしている大臣(官僚と喧嘩、親戚一同に就職させるなど)であったりする。

2.もともと大臣のポストは21のみだったが、連立政権の樹立にあたり各政党を満足させるためだけに24まで拡張されている。新たにできた省庁ではすでにどの業務を行えばいいのか困難が起きているとか。官僚のだれがどこで働くのかも未定、どの業務を行うのかも未定。また、お互いの業務が重複している。例えば、もともとあった企業・商業・供給省が企業省と商業・供給省、教育・若者・スポーツ省が教育省と若者・スポーツ省に分離されている。明らかに、業務が重複する。もともと、各省庁の連携が悪いと評価されるネパールの省庁がさらに分離することでまたしても困難が生じることが予想できる。

現内閣の主な目的は新憲法を制定することだが、
新憲法が制定されるまでの2年間しっかりと国民の需要に応えることができるか、
この2点を考えれば少し疑問に残る。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。