スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

英雄が必要な時代

 2009-01-10
「英雄が必要とされない時代は悲惨だが、英雄が必要とされる時代はもっと悲惨だ。」とお正月号の朝日新聞の天声人語に載っていた。アメリカ次期大統領、オバマ氏についての記事だったが、現在のネパール情勢をみていると同じことが言える。

何もかもが、ごった返している状況で、政府がどこへ向かっているのか全く予想がつかない。
前回の投稿で人権フォラムが連立政権を脱退する動きがあると書いたが、
さらにネパール統一共産党も脱退の脅しをかけてきている。
すべてプラチャンダ首相を主にマオイスト・リーダーのリーダーシップ不足、
そして有言実行ができていないことによると思う。

主な政党の政権をすでにみているネパール国民にとっては、
マオイスト政権は大きいな賭けだったが、
どうも最近の情勢を見ている限り、マオイスト政権も過去の政権同様、失敗に向かっているとしか言わざるを得ない。しかし、マオイスト政権に代わる、相応しい政権は見当たらない。マオイスト政権の失敗は国の失敗にもつながる。マオイスト政権、そしてネパールを救ってくれる英雄が現れないかと願いたくなるこの頃だ。

さて、いよいよ明日から16時間の停電が始まる模様。
停電でも、希望の明かりを灯されていることを願いたい。

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。