スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

リーダー二人

 2009-02-12
先日の「ダイエット虎」投稿でも取り上げたのだが、プラチャンダ首相の腹回りが立派になりすぎ!!
prachandas bhudi
画像:ekantipur
首相になって相当いいものを食べているのだろうか。

そういえば、先日フィリピンの糖尿病について研究していた友人の修士論文によれば、フィリピンでは腹回りは富の象徴であり、腹回りのことを気にしていない人が多く生活習慣を改善しない人が多いらしく、このような観念が生活習慣病の一つである糖尿病を流行らせる要因の一つになっているようだ。
ネパールでも腹が大きいことは富の象徴とされている。しかし、一方でこれは「汚職」の象徴でもあることを強調しておこう。

話変わって、マオイストのあるリーダーの離党、新党結成について。
マオイスト内の汚職、権力主義的な状況に呆れて非常に正義感が強いことで知られる元土地改革・管理大臣マトリカ・ヤダブ氏が党を離党し、「再構築」ネパール共産党毛派を結成した。
665b7matrika20yadav.jpg
彼は離党をするだけではなく、議員も辞職した。
閣僚時は汚職したとされる官僚をトイレに監禁(*)したり、YCLによる土地占拠を助長したりと後先を考えずに行動するヤダブ氏だが、真の共産主義者と言える。彼が結成した新党の党員はまだ彼一人のようだが、彼の離党によってマオイストの弱体化(特にネパール南部タライにおいて)は避けられないようだ。

(*補足:トイレ監禁は日本のキレイなトイレをイメージすると大人の「お仕置き」としてはどうなのかと思ってしまうかも知れませんが、一般にネパールのトイレ事情は水不足のこともあり、酷い。特に、公共のトイレ(官庁も含む)は酷さが倍増する。偉い官僚をくっさいトイレに監禁することは相当プライドが傷付くことである。また、浄・不浄という概念が未だに残るネパール社会を考えるこれをどれだけ厳しいお仕置きか想像がつく。)
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。