スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ホーリー

 2009-03-10
今日はネパールでホーリー祭、英語のHOLY=神聖ではなくてHOLI。神聖だけど色のお祭り。南アジアの多くの地域で祝うお祭りなのだ。「色をつけ合い友情を示す」という祭りで、今日の日は敵とでも仲直りして仲良く色をつけ合うべきと言われている。

色のお祭りだが、水の入った風船(手に入る程度の大きさ)を投げ合いごっこして楽しむ地域も多い。どのようにして、水風船が「色のお祭り」に使われる風習になったのか不思議だが、女性陣にとっては厳しい日々がホーリーの数日前から始まる。水風船を投げるのは今日だけに限ったことではなく、この日が近づく数日前から始まり、女性陣が狙われるのだ。投げる方にしたら、当たった女子が困って、怒るのを楽しんでいるのだが、女子の方が服がビショビショで大変。。。
怒られるので他の日は隠れてゲリラ攻撃なのだが、今日は堂々と水風船を投げるのだ。本日は家の屋上からの投げ合いを楽しむか、外出し色粉をつけ合うのを楽しむ。それとも大人しく家でじっとしておくのかだ。

最近は都市部の水事情もよろしくないので、水風船が減るのかの思いきや、汚水が使われていて余計大変だと妹から報告が。言葉がでない。。。まぁ、気をつけるしかない。

ところで、今日は山岳地帯でホーリーなのだが、明日はタライ地方でホーリー。今年はタル族によるストライクも続いているので、どうなのかわからないが、タライ地方のホーリーは色粉をつけ合い、肌でのコミュニケーションを重要視していて楽しいと聞く。実際には体験してない。

何かと治安が不安定なタライだが、平和なホーリー祭にタライの平和を願う。

調査

 2009-03-12
いよいよ博士論文のための調査が始まります。それで今週はずっと質問紙にかかりきりの生活です。先行研究を参考にしつつ質問をつくり、その順番を考え、そして表現を考える。
できあがったものを研究室の先輩方に丁寧にみてもらって、内容に加え、日本語の具体的なチェックまでしてもらいました。
また、元教員だった他大学院の研究者仲間に急にメールし、回答と修正箇所まで指摘してもらいました。本当に皆様に助けられて生きています。感謝です。

学校には水曜日に未完成版を渡してあったのですが、今日わざわざ校長先生から電話があり、日本語のチェックと質問紙の内容に関してFAXで指摘をもらいました。教員の皆様には、質問紙記入に貴重な時間を頂くのに、このように内容まで指導してもらうのは本当に申し訳ない。

いい論文を仕上げるように頑張ります。
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。