スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ネパール人」アイデンティティ問題

 2009-03-06
一向に改善の方向性が見えない現ネパール(特に南部)の治安状況。先住民であるタル族(ネパール南部タライ地方人口の2割)が自分たちをマデシ枠に入れられたことに反発してストライクを決行して5日目になる。すでに一般人2名と警官1名が死亡している様子。新憲法制定への意見聴衆のために南部各地に訪れている委員会にも支障をきたしている。

ことの発端は、国が保護し、保障を与えるという「マデシ・リスト」にタル族を入れたことである。タル族は以前から自分たちを「マデシ」呼ばわりされること、マデシ政党が進めている「一つのマデシ自治区」に対して強く反発していた。先月も、公務員採用時に「マデシ民族」を優遇するという法案で「マデシ民族」にタル族を含んだことを強く批判して今回と同じようなストライクを起こしている。なのに、政府はまた同じ間違いを繰り返してしまったのである。これは、政府がいかに無神経で、過去(つい先月だが)からの教訓を取り入れることができていないことを示す。

しかし、ますます多民族国家ネパールが抱える「アイデンティティ」問題が深刻化している。日本では独立国家であるネパールの国民を「ネパール人」として認識しているわけであり、「ネパール人らしい」という固定観念でみているわけであるが、ネパール国内では「ネワール人」「タル人」「シェルパ人」などと各民族としての固定観念でお互いをみていると思う。また、カーストという複雑な制度もあって、民族内や民族間でもさらにその固定観念が増す。(「単一民族」の意識が強い日本の方々にちょっと理解し難いことかも知れない。)結局は個々人が違うわけなのだが、知らず知らずにこの固定観念に頼っており、団結して何かをできる状況ではなく、いつも「こそこそ」している感じを払拭できていない。

というのに、政党などはこの団結できていないアイデンティティ問題を手だまに取り、権力を得る手段として使っている感がある。マオイスト運動を支えたのは被抑圧の少数民族アイデンティティと言えるし、マデジ人権フォラムや他のマデシ政党だってネパール南部のアイデンティティ問題を基盤に強くなってきたと思う。

そろそろ、このような各民族・カーストのアイデンティティにこだわらず、ネパール全体のことを考える政党が出てきてもいいのではないかと思うのだが、現状況を見る限りむしろ逆方向にいっている。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。