スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

国歌を変えても、国旗を変えない理由

 2009-04-17
ネパールでは暫定政府ができてから様々な国家シンボルを変えることが盛んだ。国章を変え、国歌も変えている。でも、様々な変更の中で国旗だけは変えていない。それはなぜかちょっと考えることにしたい。というのも、谷川先生のネパール評論から考えさせられたものだが。。。

谷川先生によると「国旗図案の解釈は難しいが,この図案はおそらくヒンドゥー教的なものだ。もしそうなら,世俗国家をウリにしているのだから,国旗も変えなければならないことになる。」
(ネパールが世俗国家をウリにしているのかどうか疑問だが、)個人的には国旗がヒンドゥ教のシンボルとは知らなかったので、ちょっとググってみたのだがそのような説もあるらしい。

flag.jpg

基本的に学校で教わる国旗の意味というのは;
三角の形:ヒマラヤ
赤:ネパール人の情熱や勇敢さ
縁の青:平和
太陽と月:太陽と月がいる限りネパールという国は存在する(独立性)

学校で習うことなので、多くのネパール国民はこのように信じていると思う。

さて、本題のなぜ変えないかというと、今回の政変の大きな目玉というのが王制廃止である。以前も議論したことあるが、日本の場合天皇が国家の中心である考え方が強い支持基盤を持つ。しかし、ネパールの場合、国家の中心に国王というのがあまり強い基盤を持たない。というのも、王族が社会威信の維持ができていないからとも言えよう。
変更された国章や国歌というのは国王のイメージが強く残ってたものであった(例えば、国章には王冠の印があり、国歌はまさに国王万歳の歌である)のに対して、国旗はネパール国民の統一シンボルであり、ネパール独立のシンボルとして理解されている。しかも、世界で唯一の三角国旗であるため、新国旗の提案があっても反対意見が多い。
(英語版MIXIみたいな、FACEBOOKの新ネパール国旗反対コミュニティーには14503人ものメンバーがいる。少なくとも、パソコンを使う知識層?には新国旗がかなり不評ということがこれで明確だ。)

new flag
新国旗案
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。