スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

試されるネパール首相

 2009-08-10
カタワル参謀総長はすでに退任前の休暇に出かけ、グルン将軍が参謀総長代理に任命されているが、参謀総長の解任問題で「文民主権」を要求してマオイストが再び街頭運動と議会妨害を始めた。ネパール統一共産党は憲法委員会の議長席を提案して合意を求めたもののマオイストがこれを認めるわけもなかった。現在、平和的な抗議行動の域を超えていないようだが、複数のマオイストリーダーが今回の運動が体制を覆す第三の人民運動に始まるになる可能性を示唆している。

個人的にはインドの政治介入がある限り、これはありえないと思っている。マオイスト主導の人民運動となると、「人民共和国」への動きとなり、インドにとっては具合が悪いのである。中国の権力拡大だけではなく、インド国内のマオ派にも勢いをつけてしまいかねない。

こんななか、本日コイララ外務大臣がインドへと旅立った。ネパール首相のインド訪問の準備のためだとされている。今月下旬からネパール首相がインド訪問の予定なのである。マオイストの抗議行動がどこまでエスカレートするか不明だが、ネパール首相にとってはそれまでにマオイストとなんらかの合意を取り付けなければならない。そうでなければ、国内が抗議行動で混乱している最中インド訪問することになり更なる批判を受けることになるだろう。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。