スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

与野党の駆け引き

 2009-11-19
第三弾の街頭運動を始める期限が明日に迫る中、与党の22政党と野党マオイストの間に合意を得る試みが行われている。

月曜日、シンガポールの病院に入院となった高齢のコイララ党首を会いに、急遽プラチャンダ党首がシンガポールまで向かった。
シンガポールでなんらかの合意に達したのか、水曜日に帰国したプラチャンダ党首は、ネパール政権の寿命は残りわずかと轟々している。また、日曜日のコイララ党首の帰国を待つために第三弾の街頭運動を遅らすという報道もある。

こんな中、ネパール政権はコイララ党首の全治療費を政府が負担することを閣僚決議で採択したようだ。なんとその額は、2000万ルピー(参考:ネパール人の平均所得約5万ルピー)にまで上る(詳細Myrepublica)。コイララ党首の功績をたたえるためとしているが、コイララ党首に気にいられようとするネパール首相の下心が見え隠れする。国民の血税を、現在国民にもっとも嫌われている政治家に使うとは呆れたものである。

日本では果たして、このように「偉大」なる人物を讃えるために国民の血税を使うことは過去・現在にあるのだろうか。是非教えて下さい。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。