スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

予算通過

 2009-11-26
五ヶ月もの議会妨害後、やっと月曜日に議会が再開された。与党マオイストと政府間では大統領の参謀総長を留任した問題に関して合意には達していないが、予算が通過できず、閣僚や公務員の給与も払えない状態に陥ったことにマオイストが譲った形となった。マオイストとしては、公務員をはじめ国民からの反発は避けたい本音が後ろに見え隠れする。

三日間という条件付で開会された議会が、昨日予算を通過させたが、マオイスト議員のほとんどが決議に参加をしなかった。

コングレス党のコイララ党首も日曜日にシンガポールから帰国し、政府を変えることの噂は否定している。コイララ党首やプラチャンダ党首の間には“High level Political Mechanism”(直訳すると高レベル政治機構)をつくることに合意したと言われているが、その中身が明らかになっていない。カナル党首もこれが一週間以内にできると表明している。宣言通りに、来週までにこの機構が始動すればその具体が明らかになることだろう。恐らくなんらかの形でマオイストをも包摂した形の政権に移行するのではないかと思われる。

本日から予定されていた第三弾の街頭運動に関しても未だ報道されていないので、話し合いが前向きに進行していることを期待したい。新憲法制定まで残りわずか6ヶ月である。
スポンサーサイト

お勧め店:ゴルカ・バザール

 2009-11-26
ネパール野球のエースを歓迎するために大阪まで行ってきました。日曜日だったのですが、なかなか時間がなく、投稿できずにいました。シャイなイッソ君でしたが、プロも認める実力だそうです。ネパールでの未整備なグラウンドでもよくここまでできたと思いますし、今後の活躍に期待が持てます。トライアウトの成功を祈るのみです。
イッソ君とネパール野球「ライグラスの会」の詳細な活動報告はコチラを参照して下さい。

シャイなイッソ君
SN3I0047.jpg

さて、本題から外れましたが、イッソ君の歓迎会と「ラリグラスの会」でよくミーティングで使っているネパール料理店が本当においしかったので紹介します。
大阪、谷町九丁目にあるゴルカ・バザール(←クリックすると店のサイト)。

以前、ネパール料理の独自性の無さについて記事にさせて頂きましたが(ネパール料理についてさらに分析を深めたネパールの空の下、ミキ・ディディの記事もどうぞ参考にして下さい)、本当に思考錯誤してネパール料理というジャーナルを日本で定着させようとしている方々ももちろんいます。ゴルカ・バザールもそのような店の一つかと思いました。(ナンはありますが。w)
ネパール人の僕にも満足できるネパールの味だと思いましたし、一緒にいった日本人の方々にも大変気に入れられていました。併設のバーで、気さくなゴルカ出身のオーナーとゆっくり飲むのもいいでしょう。


ネパール的な内装
SN3I0051.jpg

ネパール風焼きそば:チャウミン
SN3I0050.jpg

ネパール風野菜天ぷら:パコダ
SN3I0046.jpg

ダルバートももちろんあります。(要予約)

敢えて欠点をあげますと、ネパール的なビスタライな(ゆっくりした)サービス提供かなと感じました。
スロー・フードにはぴったりかもしれません。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。