スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

譲ることを知らない政治家たち

 2009-12-13
長らくブログ更新をできずにいる。日本での生活は普段から忙しいが、特に師走になると一段と忙しく感じるのは不思議なぐらいだ。師走に師匠だけが走るのではなくて、師匠を手伝う、師匠から課題が与えられる学生も走るといったところだろうか。

さて、ネパールの政治は相変わらず混乱を極めている。与党とマオイスト間の溝が埋まることなく、合意に達することができていない。主要三党の党首が発言していた”High Level Mechanism”は、いつの間にか言及されなくなっている。主に、与党内の反マオイスト派がそれに反対したことが、このような合意手段が達成できない主な原因だ。特に、合意に導こうと舵取りをしていた統一ネパール共産党の党首は、党内の厳しい立場に置かれている。自党が率いる政府を交代させることをしないといった発言から、なんとかその厳しい立場から脱出する試みがみられる。

一方でマオイストは、第3段階の街頭運動としての象徴的な自治州を宣言し始めている(参考記事・英文)。現段階では一つの自治州を宣言することにとどまっているが、18日までにマオイストが提案する16の自治州すべてを発表することになっている。もちろん、彼らが提唱する自治州は、国民が満足しているものではなく、すでに宣言された(また宣言しようとしている)自治州内の民族から不服を申し立てられている。このような自治州の宣言は、今後の国家の存続に関わってくることをマオイストが理解すべきである。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。