スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

感覚の違い

 2010-02-12
ご無沙汰しております。公私と色々ありまして、ブログ更新をできずにいました。一応、ネパールのニュース関連はTWITTERで呟いています。フォローして下さっている方、どうもありがとうございます。
しかっし、久しぶりに記事を投稿するのは、やっぱりなかなかきっかけがないとできないものですね。そこで、ちょっと前になりますが、ネパール在住のブロガー・姉さん(ディディ)からの呟きからの話題です。
すでに、ディディは、「感覚の違いということ」で記事にしていますので、まだ見てない方はどうぞ参照して下さい。

要は、ネパール(カトマンズ)では、冬でもできるだけ暖房を使わないが、それは日本人とネパール人の感覚の違いということ。
ディディが指摘しているように、僕もカトマンズにいたころ、冬でもあまり暖房をつけることはなく、上に何枚か着込むことで冬は過ごしていた。昼ならば、日本のように風が吹かないので、そんなに着込まなくても良いぐらいの冬の天候です。あの、昼の日向ぼっこしながらの世間話は何よりも懐かしい。

カトマンズの伝統的な家は、土・煉瓦でできており、冬は暖かくて、夏は涼しい。電気だって、ここ20年ぐらいでやっと普及しましたが(現在11時間停電ですが)、それ以前は日が昇れば起き、沈めば寝ていました。このような生活習慣には、一番寒いと感じる、夜のための暖房設備が必要ない。大変寒い日は、もちろん湯たんぽをしたり、焚き火をしていました。例えば、今日はちょうどシバ・ラトリー、一年に一番寒い日で、必ず焚き火していました。
このような伝統的な生活習慣もあったことが感覚の違いを生む背景ではないかと思ったりします。

しかし、近代化とともに、生活が急変。伝統的な家など急激に減少。セメントや鉄骨でできた家で住んでいる人が増えています。セメントの家は、伝統的な家と対照的に冬は足元から寒い、夏は頭から暑い。近代化とともに、住居が変わっても、今までしてきた生活習慣を通し、冬の寒さの感覚が病的であれば、ちょっと問題かも知れません。

ちなみに、僕も来日して数年は、冬は靴下を履かずにいました。しかし、数年で足からの寒さが身に染みてわかり。ちゃんと防寒対策をするようになりました。


スポンサーサイト

FACEBOOK:新たな可能性か、脅威か。

 2010-02-15
日本でも一時期SNS系のM○X○がブームになっていたが、近年ネパールのパソコンにアクセスできる層でのFACEBOOK人気が著しい。それは一部の年齢層ではなく、老若男女と世代・性別を超えての人気だ。家族全員でFACEBOOKを使っている人もみかける。

FACEBOOKは、アメリカ発のSNSで、近年世界中にその勢力を広げている。写真・動画を共有し、連絡を取り合うための媒体だし、コミュニティなども豊富でさまざまな情報が得られる。昔の同級生と出会い、懐かしい話に花を咲かせることもできれば、仕事や勉強で繋がっていくこともできる。

ただ、いいことばかりではない。人間関係でトラブルは付き物。FACEBOOK上のコメントなどで炎上しているものもある。ブログ炎上ならぬFACEBOOK炎上だ。また、恋愛関係などから毎日の行動のような個人情報も、他人に簡単に見られてしまう。しかもM○X○のような足跡機能がないため、誰がみているのかもわからない。家族で使っている人にとっては、冷や冷やものである。「若者にとって、恋愛沙汰は家族にみせられないこと」と考えるのは、自分の世代まで!?と思う内容でいっぱいなのだ。写真に関しても、自由にコピーぺが可能だ。

日本のM○X○は、個人情報を厳重に扱っている感じがあるのだが、FACEBOOKの場合はアメリカ流の「自己責任」で、自分で気をつけて設定しなければいけない。そして、使っていると、他人に自分の情報をみられていることに気づいてない人が大勢いるように個人的に思う。

あなたのFACEBOOKアカウントの設定は大丈夫ですか!?

といいつつ、自分もMAXで使っているので今後気をつけよう。。。。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。