スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

FACEBOOK:新たな可能性か、脅威か。

 2010-02-15
日本でも一時期SNS系のM○X○がブームになっていたが、近年ネパールのパソコンにアクセスできる層でのFACEBOOK人気が著しい。それは一部の年齢層ではなく、老若男女と世代・性別を超えての人気だ。家族全員でFACEBOOKを使っている人もみかける。

FACEBOOKは、アメリカ発のSNSで、近年世界中にその勢力を広げている。写真・動画を共有し、連絡を取り合うための媒体だし、コミュニティなども豊富でさまざまな情報が得られる。昔の同級生と出会い、懐かしい話に花を咲かせることもできれば、仕事や勉強で繋がっていくこともできる。

ただ、いいことばかりではない。人間関係でトラブルは付き物。FACEBOOK上のコメントなどで炎上しているものもある。ブログ炎上ならぬFACEBOOK炎上だ。また、恋愛関係などから毎日の行動のような個人情報も、他人に簡単に見られてしまう。しかもM○X○のような足跡機能がないため、誰がみているのかもわからない。家族で使っている人にとっては、冷や冷やものである。「若者にとって、恋愛沙汰は家族にみせられないこと」と考えるのは、自分の世代まで!?と思う内容でいっぱいなのだ。写真に関しても、自由にコピーぺが可能だ。

日本のM○X○は、個人情報を厳重に扱っている感じがあるのだが、FACEBOOKの場合はアメリカ流の「自己責任」で、自分で気をつけて設定しなければいけない。そして、使っていると、他人に自分の情報をみられていることに気づいてない人が大勢いるように個人的に思う。

あなたのFACEBOOKアカウントの設定は大丈夫ですか!?

といいつつ、自分もMAXで使っているので今後気をつけよう。。。。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。