スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

進歩あり!?

 2008-11-13
相変わらず風邪が治らないままでいるが、
さらに学校へいく日にちが増え、ますます忙しくなりつつある。
普段本でしか読まない日本の教育状況を自分の目で確かめることができるので
とても有意義に感じるが、なかなか論文が進まないことが心配どころだ。
でもまさに、百聞(読?)は一見に如かずを実感している。

仕事内容は面白くて書きたいことも山ほどあるのだが、
守秘義務でどの範囲までなら書いても大丈夫か
見当がつかないため、ここで公表するのは遠慮する。
一言だけいうなら意義のある仕事だと思っているが、
自分の無力さを感じることも多い。
逆にその無力さの中に可能性を探ったり、
子どもの頑張っている姿をみると充実感も覚える。

さて、ネパールの政情の方だが、
漸く新憲法制定向けの「規則」が議会を通過したようだ。
法案の通過を個々の議員の判断に負かすのか、
それとも政党ごとで判断をするのか(Whip)、
要するに政党の判断に従わない党内議員への制裁がありか、なしか
という議論が規則通過の争点だったが、
どうやら「whip・制裁なし」ということに決まったようだ。
やっと来週の日曜日から新憲法作りが進められるはず!

一方でプラチャンダ首相は昨日からインドで開かれている
BIMSTEC(7カ国からなる経済協力機構)に参加のためインドを訪問中。
本日、インド、スリランカ、ブタンのような近隣諸国の首脳と会合を開いている模様。

ネパールの早期政治安定、閣僚の真剣な働きへ近隣諸国から
まともな圧力・助言を与えてもらいたいところだ。

追記:
「規則」ではWhipに関する言及がないため一部の新聞ではWhipなしという見解が
報道されたのですが、新聞によっては「規則」に言及がないということは党によっては
議員を党方針従わせるのではないかという見解も示している。いずれにしろ、新憲法作りの
際に明確になってくる事柄だ。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dipskyjp.blog17.fc2.com/tb.php/101-280a12f5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。