スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

揺らぐマオ党

 2008-11-24
一週間ぶりの投稿になる。調査が本格化し始め、その処理に追われる日々だ。
その間ブログに関しては怠け癖がついてしまって申し訳ない。
さて、ネパールでの一週間を振り返ると
どうもマオイスト党の弱体化が進んでいると言っても過言ではない。

①YCL:身から出た錆
マオイストの若手組織、YCLの暴力的行動が納まる気配はない。特に、統一共産党の若手組織、YFとの衝突を卒中引き起こしていて、その衝突に巻き込まれてなのか先週2人の遺体(統一共産党の党員とされる)が発見された。(YCLは関与を否定しているが、関与して可能性は高い。)そして、このようなことで決まって起きるのが、加害者への厳罰を求めてのゼネストである。2日間のゼネストを通して、政府は9項目にわたる合意文(被害者家族への補償、調査委員会の設置など)で暴動を抑えたようだが、これに伴ってマオイストと統一共産党の協力関係が揺らいでいる。

②内部分裂の危機
水曜日から開かれているマオイストの党中央委員会では強固派のリーダーがすぐに人民共和国を向かうという内容と提案を出している。一方で、現実派のプラチャンダ首相は民主共和国の方針を出していて両者が真っ向から対立していることが報道されている。

③コングレス党からの外部攻撃
野党最大のコングレス党のコイララ前首相は相変わらず攻撃を怯める隙を見せていない。建設的な野党という公約を守ることもなくマオイスト批判に終始している。今回のYCLの事件は彼らにとってもってつけの題材となっている。
軍併合委員会でもコングレス党からの委員がまだ送られていないようで、
挙句の果てに、軍併合委員会の正式なお願いを受けてていないと主張する始末。
書面でのお願いが無い限り正式な要請ではないらしい。すべての党に関して書面で要請を出しているのであればこの言い分もわからなくはないが、ここまで意地が悪いと足の引っ張り合いにしかみえない。

どうやらマオイストの中央委員会の結果次第で今後の成り行きが決まってくるようで、その結果に注目されたい。国家の安定へ向かう必要がある時期に、党内・党間の言い合いをみているとうんざりだが、建設的な「言い合い」になっていくことを願うばかりだ。


ところで、
拉致問題、核保有、軍事独裁などで世界から嫌われ者の某国の副外相がネパールを訪れているようだ。ネパールへの「援助」を検討しているようだが、自国の国民が飢饉に見舞われている国がなぜこのような提案をするのか実に怪しい。情報通信大臣のマハラ氏も先日この国に訪れていたようなので何かありそうな気がする。

スポンサーサイト
コメント
これは、中華人民共和国という大国が、裏で糸を引いている可能性がありますね。
「人民共和国」などになると、北朝鮮の二の舞です。
ネパールの早期安定を祈ります。
【2008/11/24 16:29】 | くり #PYIlH6NI | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dipskyjp.blog17.fc2.com/tb.php/103-5031d13a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。