スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『女神から人間へ』“From Goddess To Mortal”

 2009-01-20
FromGoddessMortal_medium.jpg

☆☆☆☆☆

本書は実際に(1984年~1991年)生き神、クマリであったラシュミラ・シャキャ女史自身による回顧録である。(聞き手は、日本に関してもいくつか本を出していらっしゃるスコット・ベリー氏)
ネパール人でももっている、クマリに関する様々な誤解を解くための良書である。
例えば、
*クマリは厳しい身体条件をクリアしなければならない。
*選考のために水牛の生首、108頭と一晩(泣かずに)いなければいけない。
*クマリ(経験者)と結婚すると死ぬ。

前半はクマリとしての生活について書かれているが、後半は題目の通り「神」として育った女の子がいかにして「普通」の女の子に変わっていったかをまるで小説かのように書かれている。特に学校生活の影響が強調されている。

最後に、近年「人権侵害」として批判されつつあるクマリ文化だが、ネパールにおけるストリート・チルドレン、児童労働とは比ではないことを本人が主張する。もちろん、クマリ期間中の教育やその後の奨学金やフォロー・アップなどを提供する必要がある。

この本は最後の「あとがき」まで読むことがお勧め。意外な(小さな)事実が隠されていてそれがわかると自然に笑みがこぼれるに違いない。

洋書であるが、そんなに難しい用語が使われていないので英語の「勉強」としてでも是非ご購読下さい。

(ちなみに、ラシュミラ女史は日本人に対して好印象があり、日本語を勉強しているとのこと。)
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dipskyjp.blog17.fc2.com/tb.php/131-556e4341
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。