スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

選抜の日

 2008-06-23
今日ネパールで学校卒業試験(School Leaving Certificate: SLC)の結果が公開された。この試験は10学年(中学校)を卒業、かつ高校に入学するために大事な試験である。つまりネパールでは最大の選抜機能を持つ試験なのだ。これに6割以上の点数を取らずに将来高所得が得られる理工学系の高校・大学にはいけないし、学歴がすべてになりつつあるネパールではその基礎となる大事な試験なのだ。もう早この試験は子どもの学習度合を確かめる道具ではなく、試験自体が目的となりつつある。

親たちは自分の子どもがこれに合格するように高い私立学校に行かすなり、塾に通わすなりできる限りのことをする。裕福な親は十二分に子どもに良い学習環境を提供することができるが、貧しい家庭は全くその逆の状況が続いている。その結果もSLCの結果に表れており、裕福層が通う少数の私立学校が合格者の8割を示し、貧困層が便りにしている公立は残りの約2割でしかない。教育においても格差が拡大するばかりのネパールなのだ。

昨年からは試験内容を変更してコース内容を少なくしているため、毎年4割ぐらいしかいかない合格率が今年は6割を突破している。確かにコースの内容を減らすことによって合格者は増える、しかし高校進学に必要な基礎的な部分を試験内容から省いていいのか疑問に残る。
それに根本的な問題は、政府によりうまく経営されていない公教育制度と暗記中心の試験制度である。前者のままだとコースを減らしても公教育の質が上がらないし、教科書に書かれている通りの答えを書かなければ満点をもらえない状況では批判的能力が育たない。

新政権下では公教育内の予算配分、教員の雇用・研修形態、経営状況の改善など公教育の質改善のための教育改革、そしてSLC自体も暗記中心な形態から脱皮させる改革が必要だと思う。
スポンサーサイト
コメント
日本では、公立学校教師の質を上げるために、教師の給与をものすごい勢いでアップさせた時期があります。
常時財政難のネパールでは、難しいかも知れませんね。
そうなると、教師のモチベーションに期待するしかない。
しかし、前の訪ネで感じた教師のモチベーションは、正直低かったです。
もちろん、地域差はありましたが。
「何かもらえるから研修に参加する」
このような意識を強く感じました。
「教育は国家百年の計」
この意識を、先ずは国の舵取りをする政治家や官僚たちが持たなければと思いますね。
政治家・官僚相手に講習会を開きたいぐらいですw
ただ、前にお会いした教育省の事務次官(?)の方は、教師出身という事で、その辺りを理解しているような気もしました。
でも、一人だけではねぇ・・・
【2008/06/24 08:28】 | くり #PYIlH6NI | [edit]
確かにモチべショーンが低いですね。
給与をあげるだけではモチべショーンは上がらないと思います(実質公務員並みの給与なので)が、計画的にインセンティブとなるような給与制度は確かに必要ですね。
ぜひ、栗山さんに講習会を開いてもらいたいとこです。
【2008/06/25 23:05】 | ディプ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dipskyjp.blog17.fc2.com/tb.php/16-e3360477
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。