スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

言葉の壁///トホホ・・・

 2009-04-04
1日から突然家のネット回線が繋がらなくなった。義弟が来日予定で迎えに行かず、乗り合いタクシーで家まで来てもらおうと思っていたのだが、ネットが繋がらない状況は予想もしておらず、タクシーの説明もちゃんとしていなかった。
明日(2日)出発を控えていたので、早速プロバイダーのサポートセンターに電話してネット状況の確認をしてもらった。そうしたら衝撃な事実が判明。。。「ネットが解約済みだった!」
「え、こんな大事な時期に」とトホホ・・・

実はわが借家は2世帯住宅で、ネットも共用。電話とネットを私より前から住んでいた方(留学生)が所有していた。その方が帰国されたので電話の名義を変更した際に、継続してネットも使えるということを電話会社に言われたのでネットも継続したのだったが、どうやらその趣旨が帰国された方にはうまく伝わってなくて「解約」の電話をしてしまっていたようだ。考えてみれば、英語で様々なことを話あっていたものの、大事なことをお互い理解しているのかないのか微妙な具合だった。

ネットが繋がらなければ、無料のSKYPE(国際電話)もできず、どうしようもないので、久しぶりに国際電話カードを買い、乗り合いタクシーの乗り方や他の諸手続きを説明して、なんとか一件落着。義弟も無事に昨日到着。しばらく、うちに居候中。


なんとかネットをはやく使いたいと思って昨日新たにプロバイダーを探し、契約した。そうしたら今度は新たに引っ越して来られた方と、またまた言葉の壁・・・しかも日本語。
新たに引越ししてきた方が「早いネットがいい」→「光OOがいい」、しかも留学生向けのキャンペーン中で安いということを教えてもらっていた。今まで12M使っていて十分早かったので、別に「光」は必要かという疑問もあって学校のネットでいろいろ調べてみたら、やっぱりADSLの方が断然安い。工事の面倒もない。新たに引っ越してきた方にも満足してもらうべく、12Mから50Mのプロバイダーに変えて申請した。その報告をメールでした。
帰宅したら、その方が、「光二申請シマシタ!ゴメンナサイ。」ってドッキリApril foolかと思ったが、日付を確認したら3日だったので本気・・・詳しく聞くと、その方が就職活動で早くネットを使いたいので、親戚にどうにか早くしてくれないかと頼んでいた。その親戚の方とは私も話していて、「光」ネット会社の電話も教えてもらい、ADSLと比較して検討することを伝えてあったので、「申請シマシタ」はないだろうと思っていた。そうしたらやっぱり申請ではなくて「口約束」だったことが本日判明。その親戚が知り合いのネット関連会社に連絡して勝手に契約すると口約束していたのだった。まぁ、口約束だけだったので二重契約にならないので安心した。

あ。。。言葉に翻弄された数日間だった。
というよりも、文明に完全に頼り切った生活だというべきだろうか。

スポンサーサイト
コメント
むむ。おつ。
でも良い経験になったのでは?
【2009/04/06 21:38】 | yoshi2 #- | [edit]
ええ。いい経験になりましたよ。ちゃんと確認取らないといけませんね。
【2009/04/13 17:59】 | ディプ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dipskyjp.blog17.fc2.com/tb.php/161-afc022c7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。