スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

新年明けましておめでとうございます。

 2009-04-14
驚かれた方がおられるかも知れないが、今日はビクラム歴で元旦にあたる。私個人、そして一部のネパール人は三つの暦で(西暦の1月・4月・11月に)新年を迎える。まず、一つ目はもちろんのこと西暦でネパールでは主に外国関連に関わる時に用いる、二つ目は公的機関が用いるビクラム歴、そして、自分の民族の暦である(暦はもたない民族もあるが)、私の場合だと、誕生日や祭日の決定にかかわるネパール歴である。(順番は私が個人的によく使用している順番。)

在日ネパール人の私としては、どうもネパールの暦の話はうまく理解しかねている。というのも、昨年、ネワール民族が使っているネパール歴を正式な暦とする宣言したネパール政府だが、その後の話がどうなったのかまったくみかけない。しかも、ビクラム歴もそのまま使用し続けることなのか、ビクラム歴の調整の話で新年を迎える数日前までゴタゴタしていた。(このビクラム歴が地球の回転に合わないというので日にちを削る必要があるらしい。)

となんだかんだ、いいつつ一年が過ぎ去った。カンティプール新聞の社説では無法地帯化するネパールへ警鐘を鳴らしつつ、新年2066年が新たなチャンスであり、挑戦であることを強調し、党益ばかりにこだわる政党から国益を考える政党間の協力を呼びかけている。まさに、そのとおりだ。今年こそ「希望」の一年であることを願う元旦だ。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dipskyjp.blog17.fc2.com/tb.php/165-51898666
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。