スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

メディア・クーデター

 2009-05-06
昨晩、京都から帰った。どうやら京都にいた四日間でネパールは危険な方向に向かってしまっている。ここ数日のネパールの動きをまとめると、
3日 マオ政府による参謀総長解任→大統領による参謀総長留任命令
4日 大統領による参謀総長留任命令を受けてプラチャンダ首相が辞任
首相の辞任はマオイストのプラチャンダ党首としては暫定政府のコイララ元首相より迅速な対応や党の方針を貫いたことでプラスのイメージをもたらしたが、その数時間後にはプラチャンダ首相が人民解放軍の数を偽ったことやネパール軍の解体などの詳細な計画を語っているマオイストの内部ビデオが放映された。

ビデオは昨年1月2日のものだが、今になって、この絶妙なタイミングで放映された理由には何かの陰謀が見え隠れする。やはりこのような報道で利益を得るのは人民解放軍と統合されようとするネパール軍なので、ネパール軍による情報操作・メディア・クーデターと言ったほうが一番有力だ。また、面白いことに初めて放映したのは国王よりの放送局であり、国王の復活もささやかれている。もちろん、裏には巨大隣国の介入もみえる。

マオイストによるこのような“詐欺行為”、プラチャンダ党首のいう“政治的ゲーム”、によって、彼らの政治的地位が失墜しただけではなく、ネパールをさらなる混乱へ陥れようとしている。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dipskyjp.blog17.fc2.com/tb.php/179-672570dd
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。