スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

其の日暮らし政治

 2008-07-03
学会から帰って休む間もなく次は投稿論文に取り掛かっている。
それも学会で発表したのとまったく別の内容。
査読後の訂正なので然程書き加える必要はないし、
共著なのでやるべきことが限られている。
しかし、授業の補講準備等も加わって忙しく感じる毎日が続いている。

さて、ネパールの政情なのだが相変わらず其の日暮らしの政治が続いている。
選挙を実施するためにマデシ政党の要求(マデシ自治区をみとめることやネパール軍にマデシの集団入隊など)に合意をしたものの今になってそれでまたもめている。
連日のマデシ議員による議会妨害を受けてなんとかマデシ政党とは合意したものの、
新憲法でその合意をどのように書き加えるのか主な政党間でまたもや混乱している。
やっと、コイララ首相が辞任すると言ったので大統領問題が解決すると思ったら
次はマデシ問題で合意が取れず四苦八苦している。
一体いつになったら新政権ができるのやら・・・
スポンサーサイト
コメント
早くネパールの政治情勢が安定するとよいですね。
世界的な食糧や石油の高騰が国民の方々の生活をさほど圧迫しなければよいのですが。。。。昨日知り合いのネパールの友達とご飯を食べに行きまして、素直でよい子たちだったのですが、「ネパールに帰っても仕事が見つからないかも」と言っていたのが印象的でした。雇用の安定はまだ少し先のことなのかもしれない。。?
又いろいろネパールのことを教えて下さいね。楽しみにしています。
【2008/07/04 10:37】 | かさやん #- | [edit]
国民の事が等閑になってしまっている。
このあたりは、日本とあまり変わらない。
将来を見通す事の出来る政治家の出現は、ないものでしょうか。
残念です。
【2008/07/05 00:39】 | くり #PYIlH6NI | [edit]
>かさやん様
まさに物価高騰に襲われている最中です。
いつ暴動がおこってもおかしくないと思います。
公務員は2割の給与が上がるようですが
一般市民はそう簡単にいきません。
たしかに、今の状況で帰国しても何も仕事がないと思いますが
政治情勢が安定すれば可能性が大いにあります。

>栗山さん
まさにその将来を見通せる政治家が求められています。
マオ派に少し望みをかけているのですが
今までの状況をみると彼らも他の政治家と変わらない。
何千人もの遺体の上に立っているのに
自分のことしか考えていないのが非常に残念です。
【2008/07/07 00:05】 | ディプ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dipskyjp.blog17.fc2.com/tb.php/21-b8c8ef82
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。