スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

治安悪化と生活の質向上

 2009-08-12
昨日、パタン市内のネパール・コングレス党の本部がある建物で爆破テロが起きた。すでに予告が合った犯行だったので、幸いケガ人はなかった。パタン市内の別の場所でも爆弾が仕掛けられていたが軍部隊が解体に成功し、被害はなかった。犯行声明は教会での爆破テロで有名になったネパール防衛軍で、ネパールをヒンズ国家に戻すよう要求している。ネパールでは現在、タライを中心に100を超える武力組織が活動中であり、治安は日々悪化している。

一方で、昨日発表された労働調査によると10年前の労働調査と比較してネパール人の生活の質が向上したという。比較のもととなる10年前のデータを示してない記事だが、16000世帯を対象に行われた調査によると、主な調査結果は以下の通りだ。
1.家を持っている世帯:89.2%

2.借家:9.2%
(残りの1.6%は路上?)

3.テレビがある世帯:33.2%

4.ラジオがある世帯:57.9%

5.固定電話がある世帯:9.8%

6.携帯がある世帯:28.3%
(繋がりにくい携帯だが。)

7.パソコンがある世帯:3.1%

8.農地がある世帯:78.4%

9.出稼ぎしている(人がいる)世帯:29.1%

10.電気を利用できる:56.1%
(18時間の停電に見舞われることもあるが)

11.LPGガス利用者:12.3%

12.調理用に木材を使う:68.4%

10年も立てば多少のインフラ整備も進み、発展もするものだが、貧富の差が益々進むネパールである。この貧富の差が紛争の種となる。果たして、平和なしに物質的な発展のみが真の発展と言えるのだろうか。
スポンサーサイト
コメント
カトマンズについて言えば、この統計は当てはまりませんね。

間借り生活者の割合は 50%以上ではありませんか。
私の滞在している地域 クポンドール グシンガール
などは 間借り生活者が 7,8割を占めています。
政府は そこまで調査していないようですね。

村はさほど変化はないと思いますが、都市は 間借り生活者はどんどん増えているように思います。
【2009/08/12 20:42】 | ひかるの #- | [edit]
恐らく16000世帯というのはなんらかの基準でとった「標本」だと思います。
ネパール全体の標本なので、「だいたい、全国的にこんな感じ」と示しているものであって、
カトマンズ市個別については多分別に調査していると思います。
手元に入ったらまた取り上げさせて頂きます。

個人的にカトマンズでは元々の住民の海外移住が多く、
その代わりに治安悪化を理由に田舎から出てきた人々が間借りしていると感じています。
村の方では農業を手伝う人もいないとニュースで読みました。
【2009/08/12 23:46】 | ディプ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dipskyjp.blog17.fc2.com/tb.php/216-3ff1cbed
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。