スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

合意近し!?

 2009-10-04
ダサイン期間中の交渉が実って、どうやら議会妨害を進めているマオイストと与党にいるネパール統一共産党とコングレス党の主な三党が合意に近いと報道されている。問題は、合意文の「言い回し」だけのようだ。マオイストは大統領の参謀総長への留任命令が違憲としているため、大統領の行動に関することを合意文にいれたがっている。しかし、どうやら現段階では、「参謀総長の任命・解任手続きを明確にする」だけになっている。さて、どのような形で合意に至るのだろうか。
写真:コングレス党主催のお茶会に参加する各党首)

各政党が話合い、合意に至らない限り政権運営を始め新憲法の制定が進まないことは自明なわけだが、期限ギリギリまで合意・譲り合おうとしない様子は「ビスタライ×2」(ゆっくりゆっくり)の文化が蔓延るネパールらしいと思ったりする。それがスローライフで良いこともあれば、政治状況では後悔を残すこともある。今回の「ビスタライ×2」な政治のおかげで完全に制憲に遅れが出ているだけではなく、無能なネパール政権まで誕生させてしまった。議会が始まり、やっとネパール政権のお手並み拝見となるが、権力の悪利用だけに終始した今回の内閣にネパール国民があまり期待していないと思う。新憲法される7カ月前にして、ティハル祭後再び政権が変わらないとも言えない。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dipskyjp.blog17.fc2.com/tb.php/227-3f2595e7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。