スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

震災の日に思ふ

 2010-01-17
15年前の今日、今僕が住んでいる町を直下型地震が襲った。来日していなかったが、テレビでその悲惨な状況を見て、地震の恐ろしさを知った。震災から15年の町に住んでいるが、町は驚くほど復興している。人間の力はスゴイものだ。
でも、震災の日に、なぜか毎年異様な静けさを感じる。昨日は特別にそうだった。日曜日とセンター試験が重なったせいもあるだろう。車の数が少なく、大学も余計に静かだった。あまり落ち着かなかったのでHAT神戸にある震災被害者の慰霊碑に黙祷を捧げてきた。

ネパールにも近未来、大地震が直撃すると予言されている。約70年前にマグニチュード8級の地震がネパールを襲っており、その周期で、ここ数年で大規模な地震が起きてもおかしくないというのだ。ハイチ大地震で死者20万人とも言われているが、ネパールでも同じような地震が起きれば死者30万人を超えると専門家は指摘している。

数年前から、昨日(1月16日)が防災(震)の日としてネパールでは地震対策を呼び掛けている。しかし、拝金主義が蔓延る現在のネパール(特に首都カトマンドゥ)では、天災を意識しない投資が目立つ。必要以上に、また規定を破ってまで、大きな建物を建てる傾向が盛んである。もちろん耐震など十分に配慮されていない。仕事がないため、投資できる人にとっては、建物は、賃貸料を得る大きな収入源なのだ。不安定な行政は、無造作に増える・増築される建物を取り締まることもできていない。

日本などの先進国の援助を得て、減災のための教育は実施されているが、外部からの援助は必要層に届かないことで有名である。もちろん、今を生きることで精一杯の人たちに、いつ起こるかわからない震災について考えろうと言っても無理な話である。それでもこのような援助の効果が表れ、少しでも傷みが弱い震災を祈るしかない。

Nepal 06-01 025

DSCF0007.jpg

DSCF0006.jpg

DSCF0009.jpg
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dipskyjp.blog17.fc2.com/tb.php/249-627ab814
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。