スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

セミナーの案内

 2010-07-26
暑い毎日ですね。あまりブログを更新できない毎日ですが、Twitterの呟くが全体的に「まとめ」となる時にをブログ記事になるよう意識しています。さて、今日は7月28日に京都大学で開催されます、セミナーについての案内です。

------------------------------------------------------------------------------------

7月28日、ロンドン大学SOASのMichael Hutt 教授を迎えてのセミナーのご案内です。
Hutt 教授はネパールの言語・文学の研究者であり、最近ではブータン難民問題についての著書やネパールの政治についての編著も出版されています。またBritish-Nepal Academic Council というイギリスのネパール研究グループで中心的な役割も担っておられます。(参考:http://www.digitalhimalaya.com/bnac/home.html)
ネパール学術ネットワーク(NAN)のメンバーである名和克郎さん(東京大学)とバスカル・ゴータムさん(京都大学)がコメンテーターです。

この研究会はNANが京都大学の「南アジア・インド洋世界研究会」と北海道大学のグローバルCOEプログラムと共同で開催します。ふるってご参加ください。

<転送歓迎> (Please forward to those who may be interested)
------------------------------------------------------------------------------------
「『新しいネパール』を謳う―新国歌をめぐる議論」(7月28日)
'Singing the New Nepal: the debate on the new national anthem'.

発表者:マイケル・ハット
Speaker: Michael Hutt
ロンドン大学東洋アフリカ研究学院言語文化研究科長、ネパール・ヒマラヤ研究教授
Dean of faculty of Language and Cultures and Professor of Nepal and
Himalayan Studies, School of Oriental and African Studies University
of London

Abstract:
Singing the New Nepal: the debate on the new national anthem

Abstract: In 2007 Nepal adopted a new national anthem from over 1200
compositions submitted in the course of a national competition. The
National Anthem Selection Working Group's choice of 'Sayaum Thunga
Phulka Hami' by Byakul Maila set off a vigorous debate in the letters
pages of the country's newspapers. This played out along both
political and ethnic/caste lines. My presentation will describe the
process by which the national anthem was chosen, explain and analyse
its lyrics, and then summarise the debates it provoked. Finally,
there will be some preliminary musings about ordinary Nepali citizens'
use of media space to conduct national debates, which I hope will lead
to a wider discussion.

コメンテーター Discussants:
名和克郎(東京大学東洋文化研究所)
Katsuo Nawa (Institute for Advanced Study on Asia, Tokyo University)
バスカル・ゴータム(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
Bhaskar Gautam (Graduate School of Asian and African Area Studies,
Kyoto University)

司会 Moderator:
藤倉達郎(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
Tatsuro Fujikura (Graduate School of Asian and African Area Studies,
Kyoto University)

2010年7月28日(水)16:00~
28th July 2010, 16:00-
京都大学吉田本部構内 総合研究2号館4階 AA401
AA401, 4th Floor, Research Building No.2, Yoshida Campus, Kyoto University
地図 Map: http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/about/access.html
(川端キャンパスではないのでご注意ください。Located near Hyakumanben Junction, NOT Kawabata)
Contact:
fujikura@asafas.kyoto-u.ac.jp; 075-753-7385 (藤倉 Fujikura)
Organized by:
・南アジア・インド洋世界研究会 South Asia and Indian Ocean Study Group, ASAFAS
http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/global/minami.html
・ネパール学術ネットワーク Nepal Academic Network
http://sites.google.com/site/nanjp09/home
・北海道大学グローバルCOEプログラム「境界研究の拠点形成」Hokkaido University Global COE Program,
“Reshaping Japan’s Border Studies”
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dipskyjp.blog17.fc2.com/tb.php/292-763ea546
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。