スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

12/09のツイートまとめ

 2010-12-10
dipskyjp

@comayuge 日本のメディアも少しは見習ってほしいものですね。教師研究(特に小学校)をしていて思うのは、日本の教師は基本的に子ども「全員」に学力を保障することに重点をおいている。しかし、メディアでは、肯定的な評価よりも教師批判・学校批判が絶えない。
12-09 12:56

「全員」の子どもの学力を保障できない、教師にかかっている制約状況とは何かにこそ注目すべきだと思う。個人的に、日本の場合、それは教師の広範囲にわたる役割規定。教科を教えるだけでは「教師」になれない日本。
12-09 13:09

結果、子どもに関する全てのことを抱え込む「多忙」な教師。それに学校運営に関わるための校務分掌、書類・・・よく頑張っていますよ、日本の教師。
12-09 13:15

初めて聞きました。10年前までは、「嫁にやるのに教育する必要あるのか」というのが一般的でした。RT @tkeicho: 「男を教育しても人間一人を教育したことにすぎないが、女を教育すれば家族全員を教育したことになる」と、南アジアではよく言われる。
12-09 14:47

同意。RT @wild_tsudaken 一番問題なのは、先生達が勉強する時間が無いことですね。人にものを教えるためには、絶えず自分が最前線で学んでヴァージョンアップして最新版であることが必要不可欠だと思うのです。本や指導要綱の通りに教えるのであれば、生徒に直接それを見せれば良い
12-09 21:50

@wild_tsudaken 多忙に関わらず、日本の教師はよく勉強していると思います。教員向けの書籍業界が確立していますし、自主的なサークル・研究会で勉強している教員が2割前後います。これを少ないとみることもできるのですが、多忙な業務を考えると評価すべき事柄だと思います。
12-09 21:56

RT @wild_tsudaken: 僕は高2の息子の小6の時の担任の先生と一緒にバンドやっているのですが、先生見ていると仕事量が凄まじいんです。僕の両親が現役教師だった頃はたっぷり休みがあり、理科の教師だった父親はあちこち出かけて、子供達に教えるために勉強してました...
12-09 23:04

教育開発分野とは全く逆で面白い!RT @misawa_t: @IM_Realiser: フィンランド小学校事情 Vol.2 就学前教育編 - http://ow.ly/3lQpM /『フィンランドでは、「早期教育は意味が無い」という見解が一般的』
12-09 23:05

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dipskyjp.blog17.fc2.com/tb.php/320-1a3bcbfa
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。