スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ネパールの言語と教育

 2011-01-02
日本で外国人として日本語を使っているとよく驚かれる。さらに、ネパール人として複数の言語が話せるということを話すと仰天される。しかし、それはネパール特異の社会文化的背景が影響しており、それが決して良いこと尽くしではない。

ネパールはご存じの通り、多民族国家であり多言語国家である。2001年の統計によると、ネパールには101のカースト・民族が存在しており(約40万人のカースト・民族は不明)、92の言語(約17万人の言語は不明)が存在する。
公用語であるネパール語を母語とするのは48.6%、と約半数。
僕の母語ネワール語は3.6%の人口しかない。といっても、ネパールには、70もの言語がそれぞれ0.1%以下の人口にしか使われていない。どうやらこのデータには方言も含まれているようですが、少なくともネパールが多言語国家であることはわかるはず。

公用語がネパール語であるため、官庁をはじめ、一般的に異民族と交流を図るためにネパール語が用いられる。ネパール語を母語としない民族は、学校教育を通して習得する。
民主化以前は同化政策も実施され、一時期、公式の場でネパール語を使用しないと罰せられることもあったが、90年の民主化以降は、それぞれ少数民族の文化保護(権利)運動が盛んであり、今では初等・中等教育において数多くの少数民族の言語で教育を受けることが可能である。

しかし、実際そのような少数民族の言語で教育を行う学校の人気はさほど高くない。結局、少数民族の言語だけを使っていても多民族国家ネパールでは生きていくことが困難である。そこで、ネパール語を主とする学校の方に行く。さらに言えば、ネパール語よりも英語を話せた方が、将来の可能性が拡大するので英語教育を行う私立学校の方が人気である。
私立学校が競争を展開する都心部では、挙って英語教育を一つの売りとしている。そのため、良い(高価)とされる学校ほど英語教育に重点をおいている。私立学校のレベルによるが、ネパール語以外の全科目を英語で実施している学校が一般的である。またその指導方法も、英語以外の他言語を学内で禁止するものから、指導時のみ英語を用いる、また、指導の際ネパール語と英語両方を用いるなど多種多様である。
その結果、英語を自由自在に使えても、逆に民族語やネパール語を上手に使えない子どもが多発している。

一方、公立学校の方も数年前から英語を導入しているが、一科目としての位置づけであり、ネパール語で全科目を教育している。これがまた公立学校卒は、英語があまりできないという常識になっており、英語教育を重視してほしい中流階級以上が子どもを公立学校に行かせない一つの理由にもなっている。

このような現況だが、子どもの母語が確立するのは9歳から12歳までであり、12歳までに一つの言語をしっかり勉強させてから他の言語を教えていった方が良いと読んだことがある。(専門外なので詳しい方がいらっしゃれば是非ご教示頂きたい。)これが正しいようであれば、一つの言語は重点的に教えてから徐々に他の言語を教えていくのが良いかもしれない。このような言語を配慮した多言語教育についてネパールの教育省や政府で論じられるべきだが、教育政策や報道を見る限りは十分に論じられているように思えない。一方、国民としても各民族がそれぞれ権利を主張するだけで、「公」教育のなかでその主張がどれだけ有効であるかを十分に議論されていないのが残念である。

個人的には「子どもの将来を拡大する手段としての」英語教育を重点しすぎて、学習の定着や社会文化的背景を軽視しすぎている気がする。
これはネパールだけに関わらず、日本でも同じかもしれない。


ちなみに、私ごとですが、娘を授かってから今まさにこの問題に直面している。日本では、娘への声掛けが民族語ネワール語と日本語になっている。しかし、帰国してからは恐らく家庭ではネワール語で話し、学校でネパール語と英語になる。生活言語と学習言語が異なるとかなり苦労することは身をもって経験しているので、一つの言語に特化させて教育をさせたいと思っている。とはいえ、民族語のネワール語は捨てがたい。なんとも悩ましい問題だが、子どものためにも多言語を確立するために「教育学」を勉強しないといけない気がするこの頃だ。
スポンサーサイト
コメント
お返事ありがとうございます。
その英語学院と個人、両方検討することにします。
そこでもうひとつお尋ねしたいのですが、
英語がたんのうな方を個人で雇うときに、快く引き受けてもらえる金額は時給ベースでいくらくらいでしょうか?
よろしくおねがいします。
【2011/01/03 01:22】 | kazuya #- | [edit]
日本で生活をしているので相場はわからないですが、
カトマンズで一般的に1万ルピーぐらいの月収をもらえれば
いい方です。
英語の堪能な方のレベルにもよると思いますが、
時給ベースで考えると500ルピー前後が良い方ではないでしょうか。
あくまでも参考程度にして下さい。
【2011/01/03 20:32】 | ディプ #- | [edit]
ありがとうございます。疑問に思うことが一点あります。
500ルピー×20日×8時=8万ルピー/月になるように思うのですが、50ルピーの間違いなのか、それともそれだけ英語が堪能な人の価値が高いのか?
再度よろしくお願いします。
【2011/01/04 00:17】 | kazuya #- | [edit]
500ルピーと少し高めに言っています。
外国人相手の仕事ですし、
一応専門職なので堪能な方ほど報酬は高いと思います。
相場は、現地でご確認下さい。
物価高騰などを考えるとそれぐらいになるのではないかと
あくまでも僕の予想です。

また、繰り返すようですが
英語学院が個人向けに特別レッスンを用意しているところも多く
評判のいい(現地で確認)ところにいけば間違いないと思います。
値段も個人に時給で払うより特別レッスン期間で
一括支払った方が安いと思います。
また、支払は1・2回体験クラスで勉強してからでもいいと思います。

しかし、なぜネパールで「英語」の勉強ですか!?


【2011/01/04 08:46】 | ディプ #- | [edit]
・どんな国でも英語が堪能な人が存在する
・人件費生活費が安い

この観点から前回はフィリピンで同じことをしていました。その時は150円/時間で教えてもらっていました。

ただその時にデング熱にかかってしまい次はデング熱が流行しにくい地域ということでネパールを考えています。
【2011/01/04 18:45】 | kazuya #- | [edit]
ディプさん、こんばんわ
はじめまして こさと申します。

とても興味深いお話しです。

娘の仲良しのお友だちがネパールの女の子で
ネパールの英語教育のお話しを聞き
興味が湧いて検索していてディプさんの記事を見つけました。

うちも二ヶ国語で生活してますが
小学校からは英語
中学校からはスペイン語か、ドイツ語か、フランス語から第二外国語を選択し習い始めます。

娘を見る限りなかなか大変なことようです。(苦笑)

また 伺いますね。v-290

【2011/05/07 05:28】 | こさ #- | [edit]
はじめまして。
コメントありがとうございます。
ネパールでの言語問題は非常に複雑です。
日本みたいに好き好んで外国語を勉強しているのではなく、
必要だからやっている人がほとんどです。
だから、外国語を学ぶ楽しさを知る人は少ないと感じます。
子どもたちにとっては、大変な部分が多く
改善の余地が多い状況です。
今後少しでも良い方向に進んでいくことを期待しています。

ところで、現在このブログはTWITTERまとめと過去の記事をみるためだけ
残しているので、新たな記事のためには新ブログ(http://nepaltaro.blog101.fc2.com/)を見て下さい。
【2011/05/08 19:46】 | ディプ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dipskyjp.blog17.fc2.com/tb.php/327-19a985e4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。