スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

訴えられた副大統領

 2008-07-25
おととい「ヒンディ語」で宣誓した副大統領(母語:マイティリ)なのだが、
その後学生組織を中心に抗議活動が続いている。
今日になって法的な抗議も行われた。
最高裁で訴えられたのである。
大統領・副大統領そしてまだ決まらぬ首相官邸を相手に
提訴されたこの訴訟は、弁護士のバル・K・ネウパネ氏によるものだ。
この訴訟は宣誓のやり直しを求めている。
一方で学生組織は公開謝罪を求めている。
http://www.nepalnews.com/archive/2008/jul/jul25/news06.php

さて、ことの発端「ヒンディ語」での宣誓についてだが、
マデシ政党は「ヒンディ語」を共通言語として主張している。
様々な言語の民族が住む地域のため共通言語として「ヒンディ語」とのことである。
ネパールなのになぜネパール語ではないのかとも思ってしまうのだが、
経済・文化的にインドとの接触が非常に多い地域であるからネパール語よりもインド語という論理だろうか。実際は、ヒンディ語を母語とするのは1%未満(情報:Nepalnews.com)らしい。

普段から衛星テレビや映画などでインド文化が浸透しているネパールなのだが、
シッキム併合らしいことへの危機・インドからの経済的抑圧があることから
インドへの抵抗がネパール国民に内在されているのはよく知られていることだ。
今まで何度も、インドの著名人(特に映画俳優・女優)による
「ネパールはインドの一部」らしき発言についての抗議活動が続いてきた。
そして、今回みたいな正式な場で「ヒンディ語」使うなんでインドの属国か!?と
無力なネパール国民の怒りに触れてしまったことからの抗議活動としてとれる。
しかし、いつも思うのだが、抗議活動をして
車を壊し、窓を割り、タイヤーを燃やし
損・健康を害するのはネパール国民自身である。
もうちょっと抗議活動の仕方を真剣に考えてもらいたいが、
「ストライク文化」ともいえるものが定着してしまっているのか・・・
一向に消える気配がありません。
ただ、今回のような法的な抗議がもっと浸透すれば
何とかなるのではないかと私は期待している。
スポンサーサイト
コメント
ここで日記を読む前に、この情報は手に入れていました。
「ヒンディ語を使ったのは、何らかの意図があるのか?」
そう思ってしまいました。
確かに多民族国家で、多言語が使用されていますが、ネパール語が公用語。(と、理解しています)
「ダメなものはダメ」という、国民の声が大勢(国政)に影響していく下地になれば良いですね。
【2008/07/25 23:12】 | くり #PYIlH6NI | [edit]
ヒンディ語を使ったということは 副大統領に対してもしや肩入れしている、黒幕がインドに存在しているのかも。。(ドキドキ)
ところで、日本で英語を第二国語として勉強することになったのは、アメリカに第二次世界大戦で負けたから というのを教授からききました。
ご存知の通り日本では英語アレルギーな人が多いです。
でも個人的にはそれで良いんじゃないかと思っています。
(日本語の崩壊は大問題と思ってはおりますがそれは又別の機会に。。)
言葉は文化です。
ネパールは色々な言語があって(その数100とも聞きました)それだからこそ大切に次の世代へ語りつなげていって欲しいと切実に思っております。
長くなって(しかもちょっと関係ない話でごめんなさい)
【2008/07/26 17:07】 | かさやん #- | [edit]
マデェシ自治区構想が なにやら怪しげです。
インド、ネパール間の密輸貿易を有利に進めるための方策かと疑ってしまいます。

インド・ネパール国境をわが手におさめようとする
マデェシ・ファーラムには、何かいかがわしいものを感じてしまいます。

その一つのシンボルが、今回のヒンディによる宣誓があるような気がします。

単なる議員としての宣誓であればわかりますが、
副大統領という地位に対する宣誓であれば、
国民が、1番理解しやすい言葉を使うというのが、
当然の義務と考えますが、どうでしょう。
【2008/07/27 16:00】 | ひかるの #- | [edit]
確かにマデシ自治区自体が怪しげですね。
マデシといっても様々なのになぜ一つの自治区なのか不思議でたまりません。
フォラムの行動をみていると確かにインドとの関係が見え隠れたりします。

「ヒンディ語」での宣誓は彼らが愚かだったことの証拠ではないでしょうか?
普段の生活でインド文化になじみがあるとはいえ、
インドを象徴するものが正式な場で使われることが嫌っていることぐらい
ネパール人なら誰でもわかるはず。
ヒンディ語の使用を承認させるとか言い出しているし、
この問題はそう単純に解決しそうにないですね。
【2008/07/27 18:53】 | ディプ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dipskyjp.blog17.fc2.com/tb.php/34-7a129bbe
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。