スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

狭間外交

 2008-08-25
先日中国へと出発したプラチャンダ首相の中国訪問が日本の報道機関にまで注目されている。
いかんせん「反中国活動は許さない」と発言をしたらしい。
ネパールではこのような意味合いで強調されて報道されていないみたいだが、
これはネパールにおけるチベット解放運動を弾圧する意味なのか・・・
プラチャンダ首相が帰国してどのような政策を展開するか、
みてみないとわからない。

ネパールにおけるチベット難民は約5万人を超すとも言われている。
位置的にもチベット問題を考えるとネパールにいる大量のチベット難民は中国にとって脅威だ。
このような状態で、中国にとってはプラチャンダ首相の「一つの中国」政策への同意が心強かったのだろう。これの見返りに援助や投資の約束をとりつけたようだ。

一方でインドはプラチャンダ首相の中国訪問にかなり怒っているようだ。過去では首相就任後誰もが初訪問国としてインドを選んでいた。しかし、プラチャンダ首相はその伝統を破ったことになる。過去ではインドの言うがままになり過ぎたと批判されているネパールの政治家なので、プラチャンダ首相の中国訪問をある程度評価している報道機関もある。

両国を重点においた外交政策を実施すると公言はしているものの過去ではインド中心の外交だった。今回は共産党主導の政権ということで中国中心かというようなスタートだが、首相が帰国後弾圧政策を行ったら国際社会から孤立するのに違いない。
スポンサーサイト
コメント
> 首相就任後誰もが初訪問国としてインドを選んでいた
そうなんだ。そういうところからも今度の首相の方針が見えてくるんだね。インド・中国と大きな国に挟まれて立ち位置が難しいから、ネパール首脳陣も迷いが多いのでしょうね。
【2008/08/26 00:05】 | つめくさ #- | [edit]
弾圧政策を取るようなら、ネパールは終わるような気がしてなりません。
国を存続させる意思があるなら、共産主義でも良いから、新たな思想に根ざした新共産主義を生み出す必要があると思います。
毛沢東が自国民や少数民族に与えた苦痛を、決して真似してはならないと思います。
【2008/08/26 00:09】 | くり #PYIlH6NI | [edit]
 やくざ組織には各組がいて組長が長。組が上納金を会に納入する。マオの組織も人材も日本やくざと変わらない。それら組長にはインテリジェンシイなど望むべくもない。自分たちのシマ[域内]をいかに増やすかだ。マオの閣僚はわれわれから見るとまさに組長。それらが政治センスを含め治世能力はゼロに等しい。それらが政府にゴロゴロしており、会長が国内の破損を無視して観光旅行。
まったく気違いじみた暴挙。名目は共和制だが、
ますます混乱が起きるだろう。もともと人殺し専門家であったものが大臣ではね・・・
 困ったものですね。一刻も早く帰国して危機管理に当たらなければならないのにも、観光。現地残留の担当大臣が決壊現場すら訪問せず。ガイ・ジャトラの劇を見て笑っているとは、腐り果てた輩。ネパール沈没が進行中。言葉がない。
【2008/08/27 14:00】 | ba-ba Mo #- | [edit]
マオイストが新たな思想を展開するのか、ただの権力を追求する過去の政党と同じものに終わるのかは数か月でわかると思います。
スタートは決してよくないですが、ネパール国民にとってはこれにかけるしかないです。少しでもいい方向へ進むことのみ祈っております。
【2008/08/27 23:49】 | ディプ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dipskyjp.blog17.fc2.com/tb.php/52-31e7b7ec
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。