スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

教育予算内容

 2008-09-21
マオイストが連立政権を樹立させた時、教育大臣の枠をマデシ人権フォラムに与えたことから
マオイストは教育に重点をおいてないように思えた。しかし、政府予算の内容と金額を見ている限り
かなり教育に重点をおいていることがわかる。
さて、この教育予算の中身は何か?

以下政府予算の教育部分の簡単な要約:

まず、政府は国民の大多数が通っている公立学校の低質、
また一方で私立学校での高価な授業料が格差を助長している状況を指摘。、
また国民の非識字(読み書きできない状況)を無くす必要性についても言及。

「新たなネパールの基礎:基本的な人権としての教育!」
*前年と比べ44・5%増の389億ルピーの教育予算。
*教育を憲法で保障する:アクセスの拡大、教育と生産をつなげるためにスキルベース
(職業教育の推薦)、収益の高い高等教育へ。
*今年度で初等教育の(純)就学率を91%に。宗教学校を積極的に活用。
*主婦や家事手伝いへの代替教育。(ノン・フォーマル教育)
*初等から高等までの様々な奨学金:9.7億ルピー
(また、内紛被害者や殉教者の家族向けの奨学金:15.5億ルピー)
*カルナリ郡(ネパール最貧郡)での給食活動の継続+食料調達困難な他の16郡へ拡大。
*教育予算の配分の管理を強化。また、今後は生徒の頭数によって予算配分。
(教員給与は約19.2億ルピー)
*学校建設やインフラ整備の責任を学校運営委員会へ。(予算:29億ルピー)
*教科書は3月中に各郡本部に届けられうようにする。(教科書印刷の独占廃止→民営化?)
*初等・前期中等(第8学年まで)の無償化。後期中等まではカルナリ郡、
また高校まではダリットへ無償に提供。給食活動を全国展開。
*職業・技術教育を中心に教育の構造を改革。(予算:4.8億ルピー)
*識字キャンペーン:3万5千人の識字ボランティアを雇用(予算14億ルピー)
*高等教育:農業・林業・畜産学関連の新たな大学設立、トリブワン大学キャンパスの拡大へ。
また、内紛で教育機会を得られなかった若者にも教育機会を提供する。(予算42億ルピー)

私立学校への課税:
月 5%の教育サービス税は授業料から徴収。低カーストや遠隔地に住む貧しい学生の教育に利用される。この税金を拒んだ者には全国試験に参加できないなどの厳しい措置が取られる。
スポンサーサイト
コメント
教育に力を入れようとの、国家の意思の表れでしょうか?
私に金銭的余裕があれば、いつでも講習に出かけるのですがw
【2008/09/21 22:15】 | くり #PYIlH6NI | [edit]
栗山さん
ありがとうございます。
国家の意思というか、今の国際潮流として教育に重点をおいていると思います。教育について国内でもっと議論する必要があると思うのですが・・・
【2008/09/23 12:05】 | ディプ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dipskyjp.blog17.fc2.com/tb.php/71-cd77051f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。