スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ティハル祭③牛の日

 2008-10-28
ティハル祭の三日目は牛の日。
ヒンドゥ教では牛は神聖な動物。
人間が3歳までに母親から母乳を与えてもらえるが、
その後は牛乳を飲んで一生を送っていくからだ。
この日、牛においしいご飯が供えられるのだ。
厳格なヒンドゥ教徒では少量の牛尿を飲んで清める人もいる。
gai puja
画像:KantipurOnline

ティハルの三日目は富の神、ラクシュミ神を祭る日でもある。
日本では正月に家の大掃除をするのだが、
ネパールではこの日に向けて大掃除をする。
そして、今日は家に花輪を飾ったり、
灯りを灯したりする。
また、ラクシュミ神を家に招くとするプジャ(儀式)も行う。
tihar.jpg
画像:himalayanactivities.com

一部の民族ではバイリという遊びもやる。
バイリとは女性がグループに集まって家々を訪れて
ラクシュミ神の加護を祈る歌を歌う遊びなのだ。
その代わりお金やご馳走をもらう。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dipskyjp.blog17.fc2.com/tb.php/92-596411db
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。