スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

私立学校への課税に対する訴訟

 2008-11-03
教育予算と同時に発表された5%の教育サービス課税に対して政府を相手に
ネパール私立学校協会、ネパール法会と保護者協会が最高裁に提訴をした。
原告は中等教育まですべての国民に無償の教育と発表した国として
課税は不当で無効化を求めている。
最高裁は教育省に書面による返答を求めているようだが、
依然教育大臣は無効化はないと強く主張しているようだ。

サービス課税は私立学校が支払うことになった後、
すぐに毎月の授業料が5%上がったようだ。
よって、課税が苦しめたのは保護者であって
学校がそれを負担しているわけではないし、
むしろそれを悪用して利益をあげている学校さえいると聞く。

確かに、政府は暫定憲法や教育予算に「中等教育までの無償化」を発表している。
しかし、国が保障する教育は「公教育」に限るのではないだろうか。
発表内容に提供手段が明記されていないことは確かに問題だが、
中等教育までの無償教育を受ける権利があると言って
私立学校に課税するのは不当と主張するには
弱すぎるのではないかという気がする。
しかし、ストライクを起こさず訴訟から解決に臨んだことは
大変評価したい。
この訴訟がどのように発展するか気になるところだが、
個人的には公教育の質にも議論が及ぶことを願っている。
スポンサーサイト
コメント
私立学校に補助金や予算を割り振る必要はないと思うけど、ネパールの現状で課税するのはどうかな。。私立学校は国家体制や政府の方針からある程度自由な立場で教育を行うことができるっていう重要なポイントがあるよね。

それを課税によって実質抑圧するっていうのはさ、、自然科学はまだしも、社会科学分野にとっては痛手なんじゃないかと思うけど。。

ちなみに日本の私立学校ってどんな風に課税されてるの?もし分かったら・・
【2008/11/03 22:25】 | たけつ #- | [edit]
先日の記事でも書いたのだが、ネパールにおいて私立と公立の教育の質には歴然たる差がある。親の所得によって子どもの人生が決まってしまう状況なのだ。このような状況に歯止めを掛けるべく課税はされたのだが、私立もいろいろあってすべての私立に定率5%の課税するのはどうかと個人的に思う。

日本の場合、私立に対し様々な優遇措置や補助金を当てているものの収益事業に対し課税をしている。
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/003.htm
この収益事業に授業料が入るかどうかいまいち理解できなかったけど・・・

【2008/11/04 15:07】 | ディプ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dipskyjp.blog17.fc2.com/tb.php/97-4119ed01
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。